xrOSとrealityOS、Appleの複合現実ヘッドセットの特徴は?

xrOSとrealityOS、Appleの複合現実ヘッドセットの特徴は?

Appleは2023年に複合現実型ヘッドセットを発表すると予想されており、それに関する噂をたくさん耳にしています

その中には、デバイスを動かすプラットフォームの名称が 「realityOS」と名付けられていることも含まれています、しかし、最近の報道では、このプラットフォームは実際には代わりに 「xrOS」と呼ばれるかもしれないと示唆されています

両方の名称が内部で共存していることが判明しました

現時点での「realityOS」という名称は、Appleがダミー会社の下に登録していたため、最も明白な選択のように思われます、また、同社は「Reality One」、「Reality Pro」、「Reality Processor」などの商標を登録しており、「realityOS」という名称がこれらの製品に非常に適しているように思われます

先週、BloombergはAppleが新しいヘッドセットのプラットフォーム名を「xrOS」に決定したと報じました、名前は「拡張現実 (extended reality) 」を意味すると思われますが、これもARとVRの統合という考え方全体を考えれば理にかなっています

スポンサーリンク

realityOSかxrOSか?Appleは両方に取り組む可能性がある

Appleはどのような名前を選ぶでしょうか?

xrOSとrealityOSは同じものなのか? 9to5Macの情報筋によると、Appleは実際に「xrOS」という名称を、同社の新しい複合現実 (MR) 製品に関連するものに対して社内で使用しているとのことです

しかし、同社にはiOSベースとmacOSベースの2つの異なるAR/VRプラットフォームがあるようです、両プラットフォームに異なる目的があるのか、Appleが両方の試みを行っているのかは現時点では不明です

聞く処によると、「realityOS」は同社のエンジニアがiOSベースのプラットフォームと呼んでいたものであり、「xrOS」はmacOSベースのプラットフォームになるだろうということでした

スポンサーリンク

xrOSとrealityOS、どちらが先に?

以前の報告によると、Apple の第1世代の Mixed Reality ヘッドセットは、第1世代の Apple Watch エクスペリエンスに似ている可能性が高く、つまり、iPhone に大きく依存していることになります

それを念頭に置いて、iOSベースのプラットフォームであるrealOSが最初に利用可能になることを意味する可能性があります

複合現実ヘッドセットの詳細

リークされたいくつかのモックアップを基に、Appleの複合現実ヘッドセットのデザインは、AirPods MaxやApple Watchに大きく影響を受けていると思われます

没入感を重視したデバイスであるため、8K有機ELディスプレイを2基搭載するほか、環境やジェスチャーを検出するための高度なセンサーを搭載するとみられています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)