Appleは米国での製造拡大に暫定的に乗り出す

Appleは米国での製造拡大に暫定的に乗り出す

Appleは、より多くの製造拠点を中国から移転しようと、カルフォルニアを中心に米国内の製造拠点を徐々に増やしています

Appleは2021年度のサプライヤーリストを発表し、2021年9月時点で180社のサプライヤーのうち48社が一部の事業を米国に移転したことを明らかにし、2020年の25社から増加しました

2020年の10未満と比較して、カリフォルニア州には30以上の製造事業所があります

2021年には、Qualcomm、Foxconn、Sonyなどの大手サプライヤーがさらに多くの生産拠点を追加しましたが、それらがどの州にあるかは述べられていません

これらの企業は、モデム、イメージセンサー、製品組み立てなどの重要なコンポーネントをAppleに提供しています

ただし、サプライヤーリストには、Appleが各企業とどれだけのビジネスを行っているかは記載されておらず、何を行っているかも記載されていいません

また、いくつかのエラーが含まれており、実際の数値は公式データとは若干異なる場合があります

スポンサーリンク


これらの工場は新製品のテストやサービス関連業務のための小規模生産ラインである傾向がある、と供給業者は言っています、しかし、Appleのサプライチェーンでは依然として重要な役割を果たしています

中国は引き続きAppleのサプライチェーンの主要国であり、180のサプライヤーのうち約150のサプライヤーを受け入れています、これらのサプライヤーは、チップ、スクリーン、カメラ部品、モーターの製造を担当しています

一部のサプライヤーはすでにベトナムやインドなど中国以外で生産を拡大しており、例えば、AppleはiPhone 14が発売されてから数週間後に生産を開始しています

2022年8月の時点で、AppleはベトナムでApple WatchとMacBook Proの生産をテストしていて、Foxconnは、3億ドルを投じて北ベトナム工場を拡張する計画も立てています

スポンサーリンク


Apple本社の近くにいることは、特定の機会に役立つと関係者は述べています

カルフォルニアと中国の間の旅行は、2020年以降、COVID-19の制限のために困難になっていますが、Appleはライブストリーミングによって負担の一部を軽減しようとしてきました

今回の動きは、Appleが米国における製造業の拡大に取り組んでいることを示す格好にもなっています、8月にバイデン大統領は国内に半導体工場を建設する企業に500億ドル以上の支援を提供する法律に署名しています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)