AirPods Pro 2、ユーザーにまもなくバッテリを「交換」するよう警告するバグ

AirPods Pro 2、ユーザーにまもなくバッテリを「交換」するよう警告するバグ

複数のオンライン報道によると、一部の第2世代 AirPods Proユーザーにまもなくバッテリを「交換」するよう警告するバグが見つかったとのことです

このバグは、AirPods ProのイヤホンまたはMagSafe Charging Caseのバッテリ残量が不足している場合に、近くのデバイスで「探す」アプリからバッテリ交換の通知を受け取るようです

第二世代のAirPods Proは、正確な場所を見つける(Precision Finding)用U1チップによって”探す”機能を強化し、常にバッテリレベルを送信するため、アラートがこれらの新機能に関連している可能性があります

AirPodsのバッテリーを交換することなく、デバイスは単に充電する必要があるにもかかわらず、通知はユーザーに「すぐに…バッテリーを交換してください」と促しています

バグが発生したユーザーは、それがAirPods Proの本体に関連していることにすぐには気づかないかもしれません、なぜなら、項目は通知で単に 「左」、「右」、「ケース と呼ばれるため、アラートの一貫性がやや失われているからです

スポンサーリンク


この通知はAirTagがCR2032バッテリーがほとんど消耗して交換が必要になったときに使うものと似ているので、システムは2つの製品を混同しているようです

ユーザーらはこのバグについて、MacRumorsのフォーラムやRedditで不満を述べていますが、この問題がどれだけ広範囲に及んでいるかは不明です

Appleはまだこのバグを認めていませんが、いずれソフトウェアアップデートによって修正される可能性が高いと思われます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)