LightningポートのApple製品はEUで2025年までにUSB-Cへの切り替えが必要とされる

LightningポートのApple製品はEUで2025年までにUSB-Cへの切り替えが必要とされる

本日、欧州議会は2024年末までに、Apple がその後にリリースした新製品を含め、すべてのスマートフォンと広範囲の消費者電子機器に標準充電器を強制することを可決しました

新ルールはAppleに直接的かつ最も大きな影響を与えると思われます、同社は幅広い製品で10年前のポートを使い続けています

現時点でLightningコネクタを搭載するが、新しいモデルが2025年以降に発売される場合、新しい法律に従うためにUSB-Cの採用が必要となります、主なApple製品は

  • iPhone (USB-C ポートを搭載した最初の iPhone は、実際には来年の iPhone 15 になると噂されています)
  • エントリーレベルの iPad: 現在まだ Lightning コネクタを搭載している唯一の iPad
  • AirPods 充電ケース: すべての AirPods ケースは引き続き Lightning ポートを備えています
  • アクセサリ: MagSafe バッテリー パック、Magic Keyboard、Magic Trackpad、Magic Mouse、EarPods、および Beats 製品

スポンサーリンク


Appleは2012年、iPhone 5の刷新の一環としてLightningポートを導入し、これまでのiPhoneで採用されていた30ピンコネクタに比べて、耐久性と使いやすさが向上したと約束していました

2012年の発表当時、Phil Schiller氏はLightningポートについて、「今後10年で進化する現代的なコネクタ」だと述べていました

Appleは多くのモデルでUSB-Cの採用を決めてきましたが、多くの人気製品ではLightningケーブルが主流でした

一方、業界の他の企業は圧倒的にUSB-Cに移行しています、「Android」 の主力スマートフォンの大半にUSB-Cが搭載されており、このポートはメーカーと顧客の両方にとって、消費者向け製品の標準となっています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)