iOS 16.1では、初代AirPods ProにAirPods 2の適応型環境音除去機能を搭載

iOS 16.1では、初代AirPods ProにAirPods 2の適応型環境音除去機能を搭載

先週リリースされたiOS 16.1 beta 3では、第2世代のAirPods Proと共に導入された適応型環境音除去機能を、初代のAirPods Proの本体に拡張するものです

Redditで述べられているように、AirPodsのベータ版ソフトウェアも所有する第1世代のAirPods Proの所有者には、設定アプリのAirPodsセクションに「Adaptive Transparency (適応型環境音除去) 」のトグルが表示されるようになります

Adaptive Transparency 003

設定を確認するには、5A304Aベータ版ファームウェアが必要です

スポンサーリンク


Appleは、AirPods Pro 2の本体と共に適応型環境音除去機能を導入しました

これは、コンサート会場のサイレン、建設工事、スピーカーなどの大きな音を、すべての騒音を遮断することなくAirPodsが遮断できるように設計されています。

AirPods Pro 2のプロトタイプは、H2チップがアップグレードされ、Adaptive Transparencyの機能が使えるようになりました

したがって、オリジナルのAirPods ProのプロトタイプのH1チップのAdaptive Transparencyとの比較は、まだ明らかになっていません

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)