Apple Watch Ultraについてあまり知られていないこと

Apple Watch Ultraについてあまり知られていないこと

大きくて頑丈なApple Watch Ultraは、それ以前に登場した「普通の」Appleスマートウォッチとはまったく異なり、非常に多くの新機能が搭載されているため、まだ知らないことがたくさんあります

Apple Watch Ultraの隠された機能

1. サイレンは2種類の音で鳴る

携帯電話の電波の届かない場所で迷子になったときのために、Ultraにはサイレンが搭載されています

2022 09 24 16 49 22

多くのレビュアーがこれをテストしなかったのも無理はありません、86デシベルという音量は、室内で使うには大きすぎます、そのため、実際にどのような音がするのかを知る人はほとんどいません

AppleはWebサイトで次のように述べています

86デシベルのサイレン。SOSのサウンド。 道に迷ったり、負傷したり。周囲に知らせる必要がある時は、アクションボタンを長押しするだけ。最大180メートル先まで聞こえるサイレンを鳴らせます

Appleの技術者たちは、通常の環境では聞くことのない音を作り出すために、多大な努力を払ったことがわかります、つまり、他の音と間違えられないようにしたのです

さらに、サイレンは2つの異なる音を交互に鳴ります、1つは救難音、もう1つはモールス信号でSOSをパルスで知らせます

スポンサーリンク

2. アルペンループは見かけとは違う

アルペンループは、最も象徴的なUltraバンドのデザインであることは間違いありません、全長に沿って独特のループ状の盛り上がりがあり、チタン製のフックを滑り込ませます

2層の生地を一定の間隔で縫い合わせてループを作っているように見えます、しかし、外見は人を欺くことがあります

2022 09 24 17 19 21

アルペンループは、実は驚異的な技術なのです、この目的ために開発された革新的な技術によって、2つの層は1つの素材となり、継ぎ目なく織り込まれています、そのため、バンドには文字通り縫い目はありません

普段遣いするとき、アルパインループのG字フックがMacBookなどのパームレスト部分に当たって傷つけるおそれが有るのではと心配されます

2022 09 24 16 57 25

オーシャンバンドのチタニウムの留め具の部分の厚みが邪魔になったり、アジャストループで同様に傷つけるおそれが有ると思われるので気を付ける必要が在りそうです

2022 09 24 17 01 33

3. Running Track Detection(走行軌跡の検出)は、米国でのみ利用可能

GPSは、ぐるぐる円を描いて走り回ると不具合が生じます、小さな誤差は、その場で移動しているため、重なってしまいます、これはランニングトラックのユーザーにとっては大きな問題です

オリンピックのトラックは、走行距離を正確に測定するすることができます、一周はちょうど400メートルです、そのため、Apple Watchによって生成された距離の推定値に誤りがあることは簡単に確認できます

2022 09 24 17 05 36< この問題に対処するため、Ultraは自動トラック検出機能を提供します、ランニングトラックを利用する際に、どのレーン番号にいるのかを尋ね、そのレーンにスナップします 今月初めのFar Outイベントで、Appleはこの機能が今年後半に利用可能になると述べていました 最初、トラック検出は米国内のみで、これはAppleが走行ルートの形状を認識するのではなく、中央のデータベースにトラックの位置を保存することを意味しています 発売当初は何万ものトラックがサポートされる予定です、もし米国に住んでいるなら、あなたの地元のトラックがリストに含まれている可能性は十分にあります

スポンサーリンク

4. iPhoneを家に置いたままにしておくと、Apple Watch Ultraのバッテリーの消費が多くなる

Ultraのバッテリーは、Apple Watch Series 8よりも76%容量が大きく、Appleは36時間持つと言っています

この数値はは一見するとすごいように見えるが、Ultraは単なるApple Watchではありません、これはプレミアムなスポーツウォッチで、Garminなどと競合するよう設計されています

そのため、このスポーツウォッチ専門家は先週、Appleを批判し、バッテリー寿命を数時間ではなく数日で測定していると自慢しています

Garminの主張には一理あり、「Enduro 2」 のバッテリ持続時間は34日間です、はい、その単位はは時間ではありません、ソーラー充電だと、この日数は46日にもなります

スポーツウォッチとしては、36時間のバッテリ持続時間は驚異的ではありません、また、iPhoneを置き忘れた場合は18時間になります、UltraはiPhoneのインターネット接続に頼るのではなく、内蔵されたLTEを利用しなければならないからです

さらに、これらの数字は、充電と充電の間に1時間のワークアウトしかしないと仮定しています、GPSと継続的な心拍数モニタリングによってバッテリーの消耗が速くなるため、運動時間を長くするとバッテリーの消費はさらに減ります

スポンサーリンク

5. Ultraを握るとワークアウトを一時停止できる

以前のモデルのApple Watchでは、サイドボタンとDigital Crownを同時に押すことで、ワークアウトを一時停止することができました、Ultraでは、任意の2つのボタンを押してワークアウトを一時停止することができます

最も簡単な組み合わせは、サイドボタンとまったく新しいアクションボタンで、時計の下半分を握るだけです

時計の装着方法によっては、間違ってDigital Crownやサイドボタンを押してしまうことがあります。間違ったタイミングでワークアウトを一時停止してしまい、アクティビティリングの貴重なクレジットを失うリスクがありますが、Ultraはこれに対する解決策を提供しています

Digital Crownとサイドボタンの組み合わせを無効にし、アクションボタンとサイドボタンのみを使用してワークアウトを一時停止することができます

6. Ultraは、6つの指標を同時に表示できる初のApple Watch

Workoutアプリは、最大6つのメトリクスを同時に表示することで、Ultraの大画面を有効に活用します、Appleにとって初の試みとなる。(シリーズモデルは5つまでしか表示できません)

しかし、それだけではありません、watchOS 9の新しいワークアウトビューのおかげで、さらに6つの指標を持つ2つ目のビューを追加することができます

これは、ワークアウト中に12個の指標を手首につけることになります、これは、ランニングパワーやフォームなど、Appleが今年導入した新しい測定基準のすべてをチェックするのに理想的です

スポンサーリンク

7. ランニングを開始する前に、GPS 信号を取得するのを待つことができます

たいていのスポーツウォッチは、GPS信号が届くのを待ってから運動を始めます、しかし、Apple Watchでは、待たずにワークアウトを開始できる機能が常に提供されています、ユーザーインターフェースにはGPS信号の強度も表示することすらしません

多くのApple製品がそうであるように、Apple Watchは「そのまま機能する」ことを前提にしています、問題はそうではないことです、Apple Watchから得られる地図は、特にワークアウトのスタート時には、しばしばひどく不正確です

Ultraの新しいプレシジョン・スタート機能は、この問題に対処しています

アクションボタンを押すまでワークアウトの開始を遅らせることができます、画面の上部にGPS信号インジケータが表示されます

このソリューションは、両方のメリットを提供します、急ぎの場合は、すぐに始めます、しかし、GPSの精度が重要な場合は、良好な信号が得られるまで待つことができます

8. Ultraは機械学習を使って、走りをより正確にマッピング

Appleは、機械学習を使ってより正確なルートマッピングを実現しようとしています、Ultraでさえ良好なGPS信号を得ることができない場所で、例えば、シカゴのダウンタウンにランニングに行くと、高層ビルが衛星信号を妨害することがあります

この問題を解決するために、Apple Watchはオープンスカイで計測する際に自らを補正します、GPSと加速度計のデータを組み合わせて、歩幅の平均を算出します

GPSがあまり良くないときは、歩数と歩幅を掛け合わせることで、どれくらいの距離と速さで走っているかを知ることができます

しかし、それだけではありません、Ultraのカスタム測位アルゴリズムは、Appleマップのデータを使用してGPSの不正確さを修正します、例えば、川沿いを走っていて、ルートが水に向かっているように見える場合、ルートは川の端に沿ってスナップされます

スポンサーリンク

9. Apple Watch Ultraは風向きによってマイクを使い分ける

通常モデルのApple Watchにはマイクが1つしか搭載されていないが、Ultraモデルには3つ搭載されています

3つのマイクを搭載することは、Appleにとって新しいことではありません、iPhoneは、iPhone 5から3つのマイクを搭載しています

iPhoneは、耳に当てて話すか、FaceTimeを使うか、背面カメラでビデオを撮影するかによって、異なるマイクを使用します、さらに、iPhoneは3つのマイクを機械学習アルゴリズムとともに併用し、ノイズを低減しています

Ultraも同様のノイズキャンセリングシステムを搭載しています、また、機械学習を使用して、風によるノイズが最も少ないマイクを自動的に選択します、つまり、電話をするときに、声が相手に確実に届くと言うことです

(Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)