Apple、2025年までに製品生産の4分の1をインドに移転する可能性

Apple、2025年までに製品生産の4分の1をインドに移転する可能性

中国では「ゼロ コロナ」という達成不可能な神話を求めて地政学的な緊張が高まり、閉鎖の動きが続くなか、Appleのサプライヤーは2025年までにiPhoneの4分の1を生産する可能性があるとJ.P.Morganのアナリストは述べました

Appleが生産の多様化、特に中国共産党傘下の中国からの撤退を目指しているためです

同証券は、Appleが2022年後半からiPhone 14の生産台数の約5%を、中国に次いで世界第2位のスマートフォン市場であるインドに移すと予想しています

また同社はMacやiPad、Watch、AirPods などすべてのApple製品の約25%を、現在の5%から2025年までに中国国外で製造されるようになると予想しています

台湾のホンハイやペガトロンなどのメーカーは、インドへの移転に重要な役割を果たしています。中長期的には、Appleが現地の製造サプライヤーの資格を取得することも期待しています」とGokul Hariharan氏が率いるJ.P.Morganのアナリストは述べています

同氏は見積もりの精度で5段階中4と評価されています

(Via Mac Daily News.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)