iPhoneの米国市場シェアが過去最高を記録、Androidを抜き、世界のプレミアム販売を席巻

iPhoneの米国市場シェアが過去最高を記録、Androidを抜き、世界のプレミアム販売を席巻

iPhoneの米国市場シェアが前期に過去最高を記録し、史上初めて米国市場全体の50%を超えたことが、新しいマーケットインテリジェンスレポートで発表されました

また、Appleは世界のプレミアムスマートフォンの販売でも圧倒的な強さを見せており、1,000ドル以上のセグメントの78%を占めています

アメリカにおけるiPhoneの市場シェアを計測するにあたって、Counterpoint Researchは新規販売台数だけでなく、「アクティブ・インストールベース」と呼ばれるスマートフォンのアクティブユーザーの総数も計測しています

Financial Timesは、この新しいマイルストーンについて報告しています

Appleは、米国で使用されるスマートフォンの半数以上で「Android」デバイスを上回っており、金融や医療などの分野への進出ではライバルを上回る優位性を発揮しています

Counterpoint Researchのデータによると、6月末までの四半期にiPhoneのシェアが50%となり、2007年の発売以来最高を記録しました

スポンサーリンク


Financial Timesによると、新しいスマートフォンの出荷台数は四半期ごとに大きく変動する可能性がありますが、スマートフォンの発売時期によっては、アクティブなインストールベースは人気を測る上でより意味のある指標だとのことです

アクティブインストールベースには、中古電話市場を通じてAppleのエコシステムに取り込まれた数百万人のユーザーだけでなく、何年も前に購入したiPhoneユーザーも含まれます

CSS InsightのアナリストBen Woods氏も同意見で、四半期ごとの出荷台数はニュースの見出しを飾るかもしれないが、Appleは「地味に毎年より多くのシェアを獲得している」と述べています

また、別のCounterpointのレポートによると、Appleは高級スマートフォンの世界市場で優位に立ち続けています

プレミアムセグメントは、400ドル以上の卸売価格として定義されます、ここでは、Appleが世界市場の57%を占めています

1,000ドル超の超プレミアム製品群では、Appleが78%のシェアを握っています

CounterpointのVarun Mishraは、この上位市場のシェアは利益を生むだけでなく、金融不況の影響を比較的受けていないと述べました

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)