iPhone 14 Proのピル型カットアウトのプライバシーインジケータは、MacのカメラLEDと同様にディスプレイの他の部分よりも明るく表示される

iPhone 14 Proのピル型カットアウトのプライバシーインジケータは、MacのカメラLEDと同様にディスプレイの他の部分よりも明るく表示される

直前の噂では、iPhone 14 Proに予定されている2つの切り欠きは、1つの大きな錠剤型の切り欠きとして表示され、Appleはそのスペースを緑とオレンジのカメラとマイクのプライバシーインジケーターにも使用すると言われています

このプライバシーインジケーターの情報は、ディスプレイがどのように見えるかについて内部情報を持っていると思われるMacRumorsフォーラムの情報源から入手したものです

この情報提供者は、インジケータライトがどのように見えるかについて、MacRumorsにさらなる詳細を提供しました

インジケーターのドットは「ディスプレイの他の部分よりもずっと明るい」と説明されており、明るい状況で特に目立つようになるようです

このインジケータは「ある種のHDRコンテンツ」であり、外が晴天でディスプレイの輝度が最大であっても見やすくするためのものである、と情報源は説明しています

スポンサーリンク


ドットは、AppleがFace IDハードウェアに使用している2つの切り欠きの間のスペースに表示され、全体の外観は、Webカメラが起動したときにMacに表示される緑のインジケータライトによく似ているとのことです

AppleはMacに明るい緑色のインジケータライトを使用しており、iPhone 14 Proモデルのインジケータライトも同様の明るさになりそうです

現時点では、Face IDを搭載したiPhoneでは、ノッチの右側にカメラ用の緑色のプライバシーインジケータとマイク用のオレンジ色のプライバシーインジケータが表示されています

このランプは特に明るくなく、見逃しやすいため、インジケーターを明るくしてディスプレイの中央に移動させることで、より見やすくすることができます

インジケーターランプが点灯していないときは、2つのハードウェアの切り欠きの間のスペースは黒くなり、1つの切り欠きに統合されます。錠剤型の切り欠きは、ノッチと同程度の画面スペースを占めますが、ディスプレイの上部には接続されず、Appleにインジケータライトのための余分な領域を提供します

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)