Apple、懸念されたインフレデータより良好な結果で2022年の株価の損失解消に近づく

Apple、懸念されたインフレデータより良好な結果で2022年の株価の損失解消に近づく

水曜日の株式市場の上昇は、インフレデータが懸念されていたよりも良好であったため、Appleは今年の損失を解消することに近づいています

7月の消費者物価指数が前月から減速したことを受け、米連邦準備制度理事会(FRB)が今後の利上げ幅を縮小する可能性があるとの見方から、投資家が株式に資金を振り向け、Apple(AAPL)が2.6%高の169.24ドルに上昇しました

メガキャップのハイテク株はすべて上昇し、Meta Platforms社とNetflix社がそれぞれ5.8%以上の上昇でリードし、ナスダック100指数は2.9%の上昇となりました、ナスダック100指数は2.9%上昇し、6月の安値から20%の上昇で取引を終えました

6月中旬に底を打って以来、Apple株(AAPL)は約30%急騰し、S&P500指数やナスダック100指数を上回っています

これにより、Appleは世界で最も価値のある企業としてトップに返り咲き、年間プラスに転じることも射程に入っています

AAPL 0811 002

スポンサーリンク


2022年のナスダック100の下落率が18%であるのに対し、現在ではわずか4.7%の下落にとどまっています

この猛烈な上昇は、同社の四半期業績が予想を上回った後であり、また、同社が引き続き大きな利益を生み出すことができるというウォール街の自信の表れでもああります、また、最近、市場の投機的なコーナーで上昇の火付け役となった個人投資家も、この株に群がっています

時価総額約2兆7000億ドルのアップルは、7月に再び石油大手サウジアラムコを抜き、世界最大の企業になっています

最近の高騰で、同社の株価は高値圏に戻り、今後12ヶ月間に予想される利益の26.4倍で取引されており、10年間の平均値16.7倍を大きく上回っています

これは、株価収益率が 23倍のナスダック100と、17.8倍であるS&P500に匹敵します

Bloombergがまとめたデータによると、この銘柄を担当するアナリストの約96%が投資家に買いかポジションの維持を勧めており、今後12カ月間の株価上昇率は平均6.9%と予測されています

(Via Bloomberg.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)