中東・アフリカ地域のスマートフォン出荷台数が前年比10%減の中、iPhoneは2%増

中東・アフリカ地域のスマートフォン出荷台数が前年比10%減の中、iPhoneは2%増

中東・アフリカ (MEA) 地域のスマートフォン出荷台数は、2022年第二四半期に前年比7.8%減 (前年同期比) 、前期比10%減 (前四半期比) の3,800万台だったことがCounterpointのMarket Monitor Serviceの最新調査でわかりました

しかし、AppleのiPhoneの出荷台数は前年比で2%増加しました、これは主として湾岸協力会議 (GCC) 諸国での流通と製品の入手が改善したためでです

2022 08 09 08 27 10

Counterpointによると、iPhone 13シリーズは発売以来、この地域で最も売れているスマートフォンとなっています、GCCは、バーレーン、クウェート、オマーン、カタール、サウジアラビア、アラブ首長国連邦で構成される地域的、政府間、政治的、経済的連合です

スポンサーリンク


Counterpointは、経済や地政学的な分野におけるマクロ的な逆風が悪化したことで、スマートフォンに対する消費者の需要が低下しただけでなく、各ブランドがこの地域に拠点を広げようとする意欲もそがれたと述べています

アナリストのYang Wang氏は、「市場の最大の足を引っ張ったのは、当然ながらマクロ問題だった。食料や燃料の不足によるインフレが消費者の需要を減退させ、米ドルに対する自国通貨の下落が消費者の購買力を低下させた」と述べています

市場に影響を与えた二次的なマクロ要因もありました、例えば、外貨準備の流出を食い止めるために、一部の政府は食品の輸出禁止や「必要不可欠でない」商品の輸入禁止を課しました、電子製品に対する税金も引き上げられ、市場の円滑な運営にさらに障害が加わりました

(Via Apple World Today.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)