Apple、従業員のマスク着用義務付けを解除

Apple、従業員のマスク着用義務付けを解除

Appleは、”ほとんどの場所 “での従業員に対するフェイスマスクの着用義務付けを解除しました

一方で、フェイスマスクの着用を続けることを希望する同僚を尊重するよう従業員に呼びかけています

Appleはフェイスマスクの着用継続を従業員に推奨していない

The Vergeが入手した社内メモの中で、Appleは従業員に対して、”その方が快適だと感じるのであれば、遠慮なくフェイスマスクの着用を継続してください “と書いています

そのメールには、”また、マスクを着用するかどうか、各個人の決定を尊重してください。”と記されています

興味深いことに、COVID-19のBA.5型が報道されているにもかかわらず、Appleが従業員に対するマスク義務付けを取りやめるという決断をしたことです

ベイエリアの交通システムは、この新しい変種のために、独自のマスクの義務を復活させました、Appleは3月に、法人および小売店舗に対するマスク着用の義務を初めて廃止しました

その間、COVID-19の症例は減少し始めました、しかし5月には、COVID-19のケースが再び増加し、Appleは法人および小売店向けのマスクの義務を復活しました

スポンサーリンク

Appleはどの店舗でフェイスマスクが必要なのかを明示していない

AppleのCOVID-19対応チームによって書かれた電子メールでもう一つ興味深いのは、どの店舗で従業員にフェイスマスクの着用が引き続き義務付けられるのかが具体的に書かれていない点です

また、このメールでは、マスク着用義務の解除の決定が “最近の状況を鑑みて “であることを挙げていますが、具体的にどのような状況なのかは書かれていません

従業員に対するマスク着用義務の解除は、Appleが従業員にオフィスへの復帰を促すためのささやかな方法ととらえることもできます

Appleは4月から、従業員のオフィス復帰を義務付けるようになりました、しかし、この計画は従業員からさまざまな反応を引き出し、中には退職を余儀なくされた人もいました

現在、オフィスに戻った従業員は、フェイスマスクを着用することで不便を感じていた可能性があります、Appleがマスク着用の義務を放棄した理由のひとつは、おそらくここに有ると思われます

この新しい方針がより多くのAppleの従業員のオフィス復帰を促すかどうかを判断するのは時期尚早で、あるいは、現在の米国内のCOVID-19の状況を考えると、Appleは再考するかもしれません

(Source The Verge , Via the Mac Obserber.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)