Apple、App Storeでユーザーがもっと多くのアプリを見つけられるように新しい広告を導入

Apple、App Storeでユーザーがもっと多くのアプリを見つけられるように新しい広告を導入

Appleは広告に完全に反対しているわけではありません、実際、App Storeに表示される広告のおかげで、技術的には広告ビジネスになっています

これまでAppleのデジタル店舗に表示される広告は2つのエリアに限定されていたが、今後は対象エリアが拡大されます

Appleは、訪問者がアプリを検索する前でも広告を表示できる新しい広告スロットをApp Storeに設けました、そして今、Appleはさらなる拡大を念頭に置いて、再びこれを行っています

今日、AppleはApp Storeに2つの広告スロットを追加することを発表しました、一つは 「Today」 セクションに、もう一つは個々のアプリページに専用の枠を設けます

Appleによると、「Today」トップページのAppleの広告は、2つ目の枠に配置されるとのことです、つまり、訪問者がApp Storeを開いたときに最初に目にするものではありませんが、かなり上位の階層に位置することになります

Appleによると、Todayセクションが変わるのはそれだけで、キュレーションとディスカバリーに主眼を置いたセクションは維持されるとのことです

スポンサーリンク


さらに、Appleは、個々のアプリのランディングページにも広告枠を追加します、これは、開発者が他のアプリの専用ページから、他のアプリを宣伝できるようになることを意味します、これは、アプリのランディングページの一番下に表示される予定です

個々のアプリのページに表示される広告は、訪問者が見ているアプリに関連したものになります、つまり、開発者は自分のアプリを宣伝することになりますが、このスペースは他の開発者も利用できるようになります

ただし、ターゲットを絞った広告を出すことはできません、つまり、Twitterは、例えば、サードパーティのアプリの選択肢に、自分のアプリの広告を載せることはできません、意図的にではありませんが、アプリのランディングページに競合アプリが広告されることはありそうです

Appleは、これらの新しい広告配置のテストを近く開始すると言っていますが、具体的な日付は言っていません、また、一般公開がいつになるかについても発表されていません

(Via iDownload Blog.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)