Apple、Kossのワイヤレスヘッドホン特許訴訟で和解

Apple、Kossのワイヤレスヘッドホン特許訴訟で和解

オーディオアクセサリメーカーのKossは2020年、Appleを特許侵害で訴えました、同社は、ワイヤレスヘッドホン全般を発明したと主張しており、特に真のワイヤレスイヤホンを発明したとしています

予定されていた法廷審問の数日前、Appleはワイヤレスヘッドフォンに関する特許訴訟でKossと和解しました

Koss、ワイヤレスヘッドホンの基盤技術を開発したと主張

Kossは最初の申請書の中で、ワイヤレスヘッドホンの基盤となる技術の最初の発明者であると主張しました、具体的には、Appleが侵害しているとされるBeatsヘッドフォンおよびAirPodsの特許に関して、5件の商標侵害訴訟を提起しています

これらの特許の1つは、一般的に「無線ネットワークを介して…デジタルオーディオプレーヤーまたはコンピュータからストリーミングオーディオを受信するためのトランシーバ回路」を使用する無線イヤホンについて説明しています

BeatsヘッドフォンやAirPodsなど、多くのワイヤレスヘッドフォンがこの方法で動作していると言えます、Kossは、BoseやSkullcandyなど他の競合企業も同様の主張で訴えています

KossはAirPodsやBeats製品の販売からロイヤルティを要求しましたが、Appleは特許は無効であると主張しました、そのためAppleは、自社製品はKossの知的財産を侵害していないと主張していました

スポンサーリンク

Apple、Kossのワイヤレスヘッドホン特許訴訟で和解へ

この訴訟の審理は、7月25日月曜日からテキサス州西部地区連邦地方裁判所で開始される予定でした、ただしその数日前には、テキサス州ウェーコの連邦裁判所に対し、両社間で係争中のすべての問題について和解が成立したと申し立てをおこないました

Appleは、この和解に関する詳細を何も発表していません、ウィスコンシン州ミルウォーキーを拠点とするKOSS社はコメントを求められませんでした

発表された和解案を受けて、米連邦地方裁判所のAlan Albright判事は、申し立てと同日、この訴訟を棄却しました

KOSSのBoseとSkullcandyに対する訴訟は、他の裁判所でまだ係争中です、また、特許は無効であり、行使できないとの同様の抗弁を追求することも可能です

(Via the Mac Obserber.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)