OLEDディスプレイを搭載したiPad Proは、ドライエッチングの影響で価格が高くなる可能性がある

OLEDディスプレイを搭載したiPad Proは、ドライエッチングの影響で価格が高くなる可能性がある

Appleは、2024年までにiPadProにOLEDディスプレイを導入すると噂されています、これはドライエッチングと呼ばれる技術を使用して製造され、画面を可能な限り薄く保つようになっています

残念ながら、これはこれらのiPadをより高価にする可能性もあります

ドライエッチングは新しいものではありません。米国特許庁は、2004年にSamsungにドライエッチング装置の特許を付与しました

Samsungが現在もこの特殊な装置を使用しているかどうかは不明ですが、ドライエッチングの工程ではプラズマのため真空チャンバーが必要で、iPhone 12とiPhone 13にOLEDパネルを供給していました

Samsungが現在もこの特殊な装置を使用しているかどうかは不明だが、ドライエッチングの工程ではプラズマのため真空チャンバーが必要です

Samsungは、ウェットエッチングについて、「安い、速い、簡単」と説明しています、エッチングは、ウェーハ(スライス、基板とも呼ばれる)から不要なものを取り除く工程です、ウェーハは、結晶シリコンなどの半導体材料でできており、集積回路や太陽電池の製造に使用されます

スポンサーリンク

ウェットエッチング

ウェーハは、その材料に応じて、ウェットエッチング中に特定の化学物質に沈められます、また、溶媒の影響により、理想的な状態よりも多くの材料がウェーハから除去される場合があります

Samsungのチャートでは、ウェットエッチングの「Etching beneath PR」は、フォトレジスト(光に反応し、フォトリソグラフィーで特性が変化する材料)を指しています

ドライエッチング

製造の代替手段はドライエッチングです、これは、ウェットエッチングよりも正確で、さまざまな形状の基板材料を除去できます

ドライエッチングプロセスのすべてのバリエーションはプラズマを使用します、そのため、ドライエッチングはプラズマエッチングと呼ばれることがよくあります

イオンミリングとスパッタエッチングは、イオンビームを使用して材料を物理的に放出または気化します、Samsungの記事では、プラズマエッチングについて説明しています

プラズマエッチングでは、ウェーハを含む真空チャンバーにガスを注入し、エネルギーを与えてプラズマにします

次に、高い運動エネルギーを獲得したイオンがウェーハ上にビームされ、半導体材料が除去されます。他のすべての材料は削除されます

スポンサーリンク

製造

2021年、中国の半導体装置会社AMECの会長であるGerald Yin氏は、同社のプラズマエッチング装置が顧客の5nmチップ製造に使用されていたと語っています

AMECは顧客を明らかにしませんでしたが、当時5nmの量産が可能なのはTSMCとSamsungだけでした

Samsungの特許によると、プラズマを用いたドライエッチング装置は、0.15マイクロメートル以下の幅の回路の製造に適しているとしています

Appleのサプライチェーンは、iPhoneやApple Watchにウェットエッチング加工を使い続けることになりそうです、これは、比較的低価格で、高品質のLEDスクリーンよりもさらに軽いディスプレイを生成する安価なソリューションです

ドライエッチングは、大型のOLEDディスプレイを備えた優れた製品です、プロセスのコストは高くなりますが、その精度は、重量が要因となるこれらの大型ディスプレイにとって有益です

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)