Apple、iPhone 14のOLEDディスプレイはリリース前に大幅な供給促進を受ける可能性が

Apple、iPhone 14のOLEDディスプレイはリリース前に大幅な供給促進を受ける可能性が

Appleは今週、iPhone 14の量産に向けてOLEDディスプレイのサンプルを評価しているとThe Elecが報じています

問題のOLEDディスプレイパネルは、iPhoneの14標準モデルである6.1インチのモデルに向けられていると報じられており、7月から8月の間に大量生産が開始される予定です

これらのディスプレイは中国のディスプレイパネルメーカーBOEが製造したもので、BOEはiPhone 13用のOLEDパネル上の薄膜トランジスタの回路幅を秘密裏に変更していたことがAppleによって発覚し、議論を呼びました

BOE幹部らがAppleとの問題を解決するためにクパチーノを訪れた後、OLEDパネルが再び承認されました、サプライチェーンにおけるOLEDパネルの存在が、Samsung DisplayとLG Displayの競争力を高め、価格を引き下げる圧力となっていることは言うまでもありません

スポンサーリンク


iPhone 13のディスプレイを変更した騒動で、AppleがBOEに発注するディスプレイの数は500万台程度が上限となりそうです

BOEは6月末までにAppleの承認を得たいと考えています、BOEが期待する承認を得た場合、iPhone 14の供給は、以前に期待していたよりもはるかに豊富ですが、デバイスの両方の大型バージョンが以前は予定より遅れていたことが報告されています

中国国内のメーカーとの間に遅れが生じているものの、iPhone 14のラインナップは通常通り秋に発売される見込みです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)