メリーランド州のApple Store従業員は、米国初の労働組合店舗に投票

メリーランド州のApple Store従業員は、米国初の労働組合店舗に投票

メリーランド州トーソンのApple Storeの従業員は土曜日、組合への加入を投票で決めました

これは、他のApple Storeの従業員に組合加入を促す可能性がある組織労働者にとっては大きな成果と言えます、Towson Storeは、米国初の労働組合に加盟したApple Storeとなります

この投票は、組合結成の取り組みに反対してきたAppleにとって敗北であり、同社の他の小売店舗の従業員が組織化を進めるよう活性化させる可能性があります

集計結果は、賛成65票、反対33票でした。国際機械工・航空宇宙労組への加盟を希望する従業員約110人が投票権を得ました、投票は水曜日に開始され、土曜日の夕方まで行われました

全国労働関係委員会は、まだ票を認定する必要があります、それには1週間ほどかかるかもしれません、NLRBによると、Appleは投票が認定された後、労働条件について組合と交渉することが義務づけられています

Towson Storeは、大都市の人通りの多い場所にあるAppleのいわゆる「旗艦店」の一つではありません、ショッピングモールの中にある小さな店舗です

スポンサーリンク


この店舗は、労働者が組合結成の計画を発表するとすぐに、Appleの経営陣から注目を浴びました

Appleの小売・人事責任者であるDeirdre O’Brien氏は、5月にこの店舗を訪問しました、組合結成運動が公になった後、従業員に配布されたO’Brien氏からの録音メッセージは、そうするとAppleが従業員の懸念に対応することが難しくなるとして、小売店従業員の組合加入を思いとどまらせるものでした

彼女は、組合は同社の従業員のために尽力しているわけではないと述べています

労働者は給与や労働条件、例えば店舗がCovidの安全性や他のオペレーションをどのように扱うかについて、より多くの意見を求めているのです

Towson Storeは、組合結成を公言したいくつかのAppleの店舗の一つであり、他の店舗の小売組織もその結果を注意深く見守っています

ニューヨークのグランド・セントラル・ターミナル店とワールド・トレード・センター店の2店舗は、人通りが多く、量も多いため、組合結成を示唆していますが、まだ正式な投票を行う段階には至っていません

Appleの時間給従業員は、AmazonやStarbucksなど、現在組合運動の波にさらされている他の企業よりも小規模です

米国内の小売店従業員の時給は最低でも22ドルだと言われています、Appleは、これまででも米国で最も高収入の小売業者の1つであり、「小売業で働くのに最適な場所」です

(Via CNBC.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)