Foxconnの業績予測は、不振にあえぐAppleの中国サプライチェーンにとって良い兆し

Foxconnの業績予測は、不振にあえぐAppleの中国サプライチェーンにとって良い兆し

組み立てパートナーのFoxconnが2022年以降の楽観的な業績見通しを示したことで、Appleの中国におけるサプライチェーンの逼迫は、かつて懸念されたほどひどくないかもしれません

Appleをはじめとする中国を中心とする企業のサプライチェーンは、主に厳しいCOVID-19の規則によって引き起こされる生産問題に遭遇しています

「Foxconnへのロックダウンの影響は全体的にかなり限定的です。4月の売上高を見ればわかるが、5月の業績も予想以上に好調だ」とFoxconnの会長であるYoung Liu氏は語ったとNikkei Asiaは伝えています

劉氏のコメントは、Foxconnが大きな影響を受けていないように見えるロックダウンのことを指しています

スポンサーリンク


世界最大のiPhone工場として知られる鄭州工場は、4月のロックダウンの影響を受けず、昆山の2工場は一時的に操業を停止したが、Foxconnは生産に影響はないと主張しています

Foxconnは、同じ時期に売上がそれぞれ35%と40%減少したAppleの組立メーカーであるPegatronとQuanta Computerに比べればはるかにましな数字です、劉は株主へのメッセージの中で、Foxconnは半導体能力の向上に取り組むと付け加えました

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)