Appleの複合現実ヘッドセット、WWDC 2022での発表はなさそう

Appleの複合現実ヘッドセット、WWDC 2022での発表はなさそう

Appleのmixed reality (複合現実) ヘッドセットに関する噂は、ここ数ヶ月勢いを増していますが、このデバイスの発表時期に関する同社の計画は依然として不明です

Appleの新しい「realityOS」プラットフォームが引用されてきたにもかかわらず、ヘッドセットの公式発表はまだずっと先のようです、少なくともアナリストのMing-Chi Kuo氏はそのように言っています

TwitterのKuo氏によると、AppleのAR/VRヘッドセットの量産は、さらに時間がかかるはずだとのことです、つまり、Appleがこのデバイスを来週のWWDC 2022で発表する可能性は低い、と同氏は考えています


スポンサーリンク


Kuo氏がAppleが6月に新しいApple mixed reality headsetのプレビューを見せると考えていない理由の1つは、競合他社にこの製品の機能をコピーする十分な時間を与えることになるからです

Kuo氏は、ヘッドセットが2022年ではなく、2023年の早い時期に店頭に並ぶという以前の予測を維持しています

同氏がAppleのAR/VRヘッドセットが2023年に発売されると述べたのは、今回が初めてではありません

Haitong International Securitiesのアナリスト、Jeff Pu氏も、同製品は2023年の第1四半期まで遅れると考えています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)