Appleマップ、東京でAR徒歩案内の新機能

Appleマップ、東京でAR徒歩案内の新機能

iOS15では、Appleのマップアプリに、一部の大都市でAR(拡張現実)徒歩案内を利用できる機能が追加されましたが、本日、東京が最新の利用地となったことがわかりました

ARモードは、iPhoneのリアカメラを利用して、徒歩での道順を現実世界にマッピングすることができます、これにより、市街地で行きたい場所を確認しやすくなり、移動中にスマートフォンを見下ろす必要がなくなります

この機能が東京で利用できることを知ったAta Distanceは、他の日本の市街地図も東京以外の場所で更新されているかもしれないが、地上にいないと知るのは困難です

歩行ルートを開始するために、iPhoneユーザーは、現在のデバイスを上げ、プロンプトが表示されたら周囲の建物をスキャンすることができます

スポンサーリンク


順を追った道順が自動的にARモードで表示されるので、特に道順が難しい場合に、目的地にたどり着くのが容易になるはずです

AppleのWebページによると、ARを利用した徒歩による道案内機能は、ロンドン、ロサンジェルス、モントリオール、ニューヨーク・フィラデルフィア、サンディエゴ、サンフランシスコ・ベイエリア、シンガポール、トロント、バンクーバー、ワシントンDCで利用可能です

日本はまだリストに加えられていません

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)