中国でのロックダウンにより、少なくとも一つのiPhone 14モデルが予定より三週間遅れている

中国でのロックダウンにより、少なくとも一つのiPhone 14モデルが予定より三週間遅れている

今日発表された新しいレポートによると、中国のロックダウンの影響で少なくとも一つのiPhone 14モデルの開発が予定より三週間遅れており、最悪の場合初期生産台数に影響を与える可能性が報告されました

関係者がNikkei Asiaに語ったところによると、規制は緩和されたものの、3月末に上海を中心に始まったロックダウンの影響はサプライチェーンにまだ残っているとのことです

Appleは、この遅延が一般的な製造スケジュールに影響を与え、その後iPhone 14シリーズの初期生産量に影響を与える前に、失われた時間を取り戻すために製品開発の取り組みを加速させるようサプライヤーに指示したと伝えられています

Appleは今年、4つの新型iPhoneを発売すると予想されています、iPhone 13 miniの売れ行きが芳しくないことから、Appleは2022年のフラッグシップ機として、より大きなiPhoneのサイズを提供することにしています

6.1インチのiPhone 14、6.1インチのiPhone 14 Pro、6.7インチのiPhone 14 Max、そして6.7インチのiPhone 14 Pro Maxです

スポンサーリンク


どのモデルがロックダウンによる遅延の影響を直接受けているのかは不明です、Nikkei Asian Reviewの情報筋によると、iPhone 14の4機種はすべて、エンジニアリング検証テスト(EVT)の段階にあるとのことで、通常、iPhoneの新モデルは6月末までにすべてEVTを終え、検証段階に進みます

新型iPhoneの開発段階に続いて、Appleの主要な組立会社であるFoxconnとPegatronは、新製品導入(NPI)と呼ばれる段階に入り、この間に最新デザインの製造工程が概説されることになります、NPIに続いて、通常8月末頃から量産を開始する前に、いくつかの検証プロセスが行われます

生産に支障をきたしているのは、上海広域圏での生活や旅行に関する制限がまだ残っているためと言われていいます、上海とその周辺地域では規制が緩和されたものの、中国国内のサプライチェーン全体の運用はまだ正常な状態に戻ってはいません

台湾経済研究所のベテラン・サプライチェーン・アナリスト、チウ・シーファン氏はNikkei Asian に対し、この状況は生産だけでなく新製品開発にも影響を及ぼす可能性があると述べています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)