Apple、 WWDC 2022でApple Parkのイベント参加者向けにCOVID-19への対応を強化

Apple、 WWDC 2022でApple Parkのイベント参加者向けにCOVID-19への対応を強化

Apple Park本社で行われる6月6日のWWDCカンファレンスに招待された開発者は、Appleが最近実装したCOVID防止ルールを遵守する必要があります

Appleは開発者に対し、屋内ではN 95マスクの着用が義務づけられ、前日にはFDAの承認を得たCOVID抗原検査で陰性になることが義務づけられる、と13日に送信した電子メールで通知しています

参加者は、Apple Parkに到着する前に、Appleのポータルに陰性検査の結果をアップロードする必要があります

これは、カリフォルニア州やその他の州でCOVIDの症例が増加していることを反映し、ガイドラインを更新したものです

今回の発表の前には、、AppleのWebサイトには、開発者はイベントの3日前にテストを行う必要があり、マスクは任意であると書かれていましたが、その後この文言は削除されています

スポンサーリンク


Appleは、COVIDの 症例が増加する中で企業従業員を週3日オフィスで勤務させる計画を最近延期したため、イベントを中止するのではないかとの憶測が流れましたが、Appleはより厳しい保護を選択したようです

AppleはWebサイトで、参加者は公衆衛生当局の最新のガイダンスを考慮した安全衛生規定に従わなければならないと述べています

Appleは開発者に対し、手の除菌消毒ステーションを用意し、イベント中は定期的に道路の表面や交通量の多い場所を清掃すると約束しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)