AirPods Pro 2の充電ケースはUSB-CポートではなくLightningポート搭載

AirPods Pro 2の充電ケースはUSB-CポートではなくLightningポート搭載

Appleは今後数年のうちにiPhone 15とそのいくつかのアクセサリをUSB-Cに切り替える予定だと報じられていますが、AppleのアナリストであるMing-Chi Kuo氏は今回の発表で、次期第2世代のAirPods Pro充電ケースには引き続きLightningポートが搭載される見込みだと述べています

Kuo氏は一連のツイートの中で、第2世代のAirPods Proが2022年後半に発売されるという過去の発言を繰り返しました

ここ数週間の間に、AppleがiPhone 15とそのアクセサリ (AirPods、MagSafe Battery Pack、Macのキーボード/トラックパッドなど) でUSB-Cをテストしているという情報が浮上していました

しかし、まもなく登場するAirPods Proは、AirPodsのUSB-Cへの移行を開始するものではないようで、「AirPods Pro 2の充電ケースは、USB-CではなくLightningを引き続きサポートすると予測しています」とKuo氏はツイートしています


スポンサーリンク


第2世代のAirPods Proは、2019年の発売以来、初のアップデートとなります

新モデルでは、Beats Fit Proのようにステムを取り払ってオールイヤータイプにした新デザインが採用されると予想されています、また、ヘルストラッキング機能の搭載や、充電ケースや音質の向上も期待されています

(Via Apple Track.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)