Apple、中国、インド、ベトナム以外の製造拠点を拡大する意向をサプライヤーに通知

Apple、中国、インド、ベトナム以外の製造拠点を拡大する意向をサプライヤーに通知

Wall Street Journalが今日掲載した記事によると、Appleは中国以外での生産拡大を進めているとみられ、製造委託先には「生産の多様化を図る」と説明したとのことです

Appleの製品の一部はすでにベトナムやインドなどで生産されていますが、Appleの製造の大部分はFoxconnとPegatronの中国の工場で行われています

同紙によると、Appleは地理的拡大計画をしばらく前から検討していましたが、パンデミックのために即時変更は見送られたとのことです、しかし、上海での最近の厳しいロックダウンは、多様化の必要性を再確認しています

中国は地政学的にもリスクが高く、米国との貿易摩擦も問題です

スポンサーリンク


しかし、Appleの膨大な受注量を満たすには中国だけが十分な大きさなので、他の国が競争するのは難しく、安くて質の高い労働力を他の場所で見つけるのは難しい

インドやベトナムのような代替生産ハブへの移行はゆっくりと段階的になるでしょう

Appleにとって、これは新製品 (ARヘッドセットなど) のサプライチェーンが、おそらく大部分が中国外に拠点を置くことを意味します

Foxconnなどの製造パートナー企業は既に、インド国内市場向けのiPhone製造を支援する施設をインド同国に設立しています

さらに拡大すれば、iPhoneはインドで製造された後、世界各国に輸出されて販売することが可能となります

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)