Appleの取締役会メンバーに次のAR / VRヘッドセットをデモンストレーション

Appleの取締役会メンバーに次のAR / VRヘッドセットをデモンストレーション

BloombergのMark Gurman氏の新しいレポートによると、Appleは最近、Apple社の取締役会に対して、同社の次期AR/VRヘッドセットデバイスのデモを行ったとのことです

これは、このプロジェクトが「先進的な段階」にあり、一般向けの製品発売が間近に迫っていることを示すものです

Bloombergは以前、ヘッドセットの消費者向け発売は2023年に予定されていると報じたが、同デバイスの早期発表がありそうです、また、本日の報道では、ここ数ヶ月でヘッドセットのOSの開発が急ピッチで進められているとのことです

Bloombergは、Appleがヘッドセットで使用するコアiPhoneアプリの拡張現実バージョンだけでなく、 “没入型コンテンツのストリーミングや仮想会議の開催などのタスクを処理する新しいアプリに取り組んできた”と述べました

ヘッドセットの最初のバージョンは、高解像度ディスプレイ、強力なチップ、高度なセンサーを搭載し、比較的大きく高価なデバイスになると予想されています

スポンサーリンク


過去には、1,000ドルを優に超える価格で販売されると報じられたこともあります、主に、愛好家や開発者コミュニティを対象とた製品になるかもしれません

アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、同ヘッドセットの将来のバージョンは既に開発されているとのことです、Appleの長期的な目標は軽量の拡張現実グラスだが、このフォームファクターは数年は実現不可能と言われています

噂では、6月6日に行われるAppleのWWDC基調講演で、AppleがAR/VRヘッドセットを発表するのではないかと言われています

もし本当なら、これは2023年初めまで発売されない新製品の予告になりそうです

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)