北米においてiPhoneは第1四半期に約20%増加し、スマートフォン市場の半分を占める

北米においてiPhoneは第1四半期に約20%増加し、スマートフォン市場の半分を占める

Canalysが本日発表した出荷台数予測によると、Appleは2022年第1四半期に北米で推定2,000万台のiPhoneを出荷し、著しい成長を遂げました

iPhoneの出荷台数は、前年同期の1,700万台から20%近く増加し、Appleの市場シェアは45%から51%に増加しています

Appleは北米で最大のスマートフォンベンダーで、2位のSamsungは1,050万台のスマートフォンを出荷しました、Lenovoは大きく水をあけられた3位で400万台のスマートフォンを出荷し、TCLやGoogleなどはさらに少ない台数でした

Apple、Google、Lenovoの市場シェアは同四半期に増加したが、TCLやサムスンなどの小規模ベンダーのシェアは伸びませんでした

2022 05 20 06 59 45

Canalysは、Appleの顕著な成長について、昨年9月に発売されたiPhone 13のラインアップが人気を博したためと分析しています、Phone 13モデルでは、カメラの改善、より高速なA15チップ、バッテリー寿命の改善、ノッチの小型化、新色などが導入されました

また、429ドルの5G iPhone SEも、当四半期におけるアップルの売上を押し上げる要因となりました

スポンサーリンク


CanalysアナリストのBrian Lynch氏は、次のように述べています

北米のスマートフォン市場は、Appleの力強い成長によって支えられています、今期は、iPhone 13の高い人気が主な原動力となりました。世界的な需要がより不透明な中、アップルは2021年第4四半期に他の地域を優先した後、より多くの端末を北米にシフトさせたため、より大きな需要を満たし、前四半期からのバックオーダーを実現することができました。さらに、最新版のiPhone SEの発売により、北米の熱狂的なiOSユーザーの多くに手頃な価格の選択肢が提供されました。mmWaveに対応していないにもかかわらず、通信事業者はCバンドと6GHz以下の周波数帯への投資を増やしており、iPhone SEの市場成長のための扉を今後開くことになるでしょう

北米のスマートフォン市場の総出荷台数は3,900万台に達し、前年比3.7%増となりました

今後、スマートフォンベンダーにとってサプライチェーンの問題は継続的に発生するとCanalysは考えていますが、北米市場が優先され、”健全な供給レベルを維持する”と予想されていますhttps://www.macrumors.com/2022/05/19/iphone-shipment-growth-q1-2022-north-america/

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)