職場復帰の方針を理由に辞職したAppleの機械学習ディレクターがGoogleAIユニットに職を得る

職場復帰の方針を理由に辞職したAppleの機械学習ディレクターがGoogleAIユニットに職を得る

今月初め、Appleの元機械学習ディレクター、Ian Goodfellow氏が、Appleが従業員がフルタイムでリモートワークを続けることを認めないことを理由に職を辞し、大きな話題となりました

Goodfellow氏は今回、別の会社を見つけ、Alphabet傘下のDeepMindに職を得たとBloombergは報じています

DeepMindはGoogleが2014年に買収した機械学習企業で、今週にはマルチモーダルのマルチタスクAIシステム「Gato」を発表しました

DeepMindでのGoodfellowの役割がまだ明確ではありませんが、Appleに入社する前は研究者として働いていました

スポンサーリンク


Bloombergによると、Goodfellow氏は、AppleのSpecial Projects Group内の機械学習のディレクターであり、自律型テクノロジーに取り組むエンジニアを監督していました

同氏は機械学習研究の第一人者として知られているので、Appleにとっては大きな損失かもしれません

Appleの同僚に宛てた電子メールでGoodfellow氏は、退職するのはAppleが直接勤務に復帰するためだと説明しています

Appleは4月から週1日勤務制を導入し、5月からは週2日勤務に拡大し、5月23日から週3日間オフィスで勤務することを目標としていましたが、COVID感染が米国で増加しているため、その計画は延期されています

しかし現在は、従業員は少なくとも週2日はAppleのキャンパスやオフィスで働くことが求められています

MetaやGoogleといった他のIT企業は、オフィス内の労働方針に関心のない従業員を呼び込む可能性のある、より柔軟な勤務形態を導入しています、

例えば、Googleは従業員にオフィス復帰を求めているが、まだ在宅勤務を希望している多くの人々に対しては免除を認めています

(Via Bloomberg.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)