iPhoneがUSB-Cポートを搭載すると、AirPods、MagSafe Battery Pack、その他のAppleアクセサリも将来的にUSB-Cに切り替わる

iPhoneがUSB-Cポートを搭載すると、AirPods、MagSafe Battery Pack、その他のAppleアクセサリも将来的にUSB-Cに切り替わる

今週の初めには、アナリストであるMing-Chi Kuo氏が、AppleがUSB-Cポートを搭載するiPhone 15モデルを少なくとも1モデル、2023年に発売する計画であると主張しました

さらに、AirPods、MagSafe Battery Pack、Magic Keyboard/Mouse/Trackpadトリオなどのアクセサリも、「近い将来」USB-Cに切り替える予定だとツイートしました

そして今回、その続報として、AirPodsやMagSafe Battery Pack、Magic Keyboard/Mouse/Trackpadトリオなどのアクセサリーも近い将来にUSB-Cに切り替わるとツイートしています

スポンサーリンク


iPhoneと前述のすべてのアクセサリーは現在、有線充電やデータ転送のためにApple独自のLightningコネクタに依存しています

多くのAndroidスマートフォンや最新のMacBook、iPad Pro、iPad Air、iPad miniなど、幅広い技術製品がUSB-Cポートを備えているため、USB-Cへの切り替えはより普遍的な接続規格になり、規制当局を満足させることになるでしょう

Kuo氏はまた、現在のワイヤレス技術の限界と、iPhoneに磁力で接続するワイヤレスアクセサリからなるApple自身のMagSafeエコシステムの未成熟さを考えると、AppleがポートレスのiPhoneをリリースするのはまだ早すぎるとの見方を示しました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)