Appleから即日出荷可能なMacは3機種のみ

Appleから即日出荷可能なMacは3機種のみ

Appleから即日出荷可能なMacを調べてみたところ、現在わずか3機種に限られていることがわかりました

それ以外のMacは、モデルや国によって1〜2週間から最長で11週間待ちとなっています、すでに注文した人の中には、さらに長い期間待たされる人もいます

これは中国のサプライチェーンにおける最新の問題であり、Appleは今四半期に80億ドルもの損失を出す可能性があると予想しています

世界的なチップ不足は、さまざまな要因が重なって生じました、こうした状況には、新型コロナウイルスのパンデミックによるテクノロジーへの需要の高まりや、新型コロナウイルスの感染拡大による生産の混乱のほか、自動車がますます多くのマイクロプロセッサユニットに依存するようになったため自動車メーカーによるチップ需要の高まりなどがあります

最大の問題はCPUやGPUではなく、ディスプレイドライバや電力管理システムなどの、はるかにありふれたチップです、これらの比較的ローテクなチップは、Appleのものを含む膨大な数のデバイスで使われています

スポンサーリンク


Appleの最高経営責任者であるTim Cook氏は、2四半期での供給不足によるAppleの損失が60億ドルだったことを明らかにし、今四半期の損失が80億ドルに達する可能性があると警告しました

最近の報道によると、チップは七つのカテゴリーで不足しており、そのうちの四つは2022年を通じて影響を受け続け、さらに新たなチップ製造装置向けのチップ不足で深刻化します

Macの出荷時間への影響

Mac StudiとMac Studio Displayは、新製品に対する需要とサプライチェーンの問題が重なって、当然ながら大きな打撃を受けました、その結果、最初の予約から数時間で発送までの期間が2ヶ月になりました

中国では、ハイエンドのMacBook Proの注文もロックダウンの影響を受け、一部の顧客は最大5カ月間の配送待ちを告げられました、MacBook Pro工場の混乱は、この状況が簡単に悪化する可能性があることを意味しています

Macworldが行った最新の入手確認によると、Appleから購入した場合にすぐに出荷できるのは3モデルのMacのみです

スポンサーリンク

  • 13インチMacbookPro
    • 米国:今日または明日配達
    • 英国:5月16日までに配達
    • ドイツ:明日配達
    • オーストラリア:明日配達
  • iMac
    • 米国:今日または明日配達
    • 英国:5月16日までに配達
    • ドイツ:今日または明日配達
    • オーストラリア:明日配達
  • Mac mini
    • 米国:今日または明日配達
    • 英国:5月16日までに配達
    • ドイツ:明日配達
    • オーストラリア:明日配達

ちなみに我が国では、13インチMacbookProは5月17日、iMacは 8~9週間、Mac miniは5月17日となっています

MacBook Airは、国によっては1週間から2週間で入手できますが、6週間から8週間かかるところもあります

オーストラリアではMac Proの出荷に10-11週間かかりますが、ほとんどの国ではM1 Ultra Mac Studioが7-9週間待ちとなっています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)