Apple、SafariでのWebベースの欠如は、ARの普及を妨げたと報告

Apple、SafariでのWebベースの欠如は、ARの普及を妨げたと報告

業界関係者によると、AppleはまだiPhoneのSafariブラウザにWebベースのARのサポートを追加していません、そのことが拡張現実の採用を大きく妨げています

「AppleはWebARの技術革新の足かせになっています」と、イマーシブコンピューティングのスペシャリスト、Christopher Lepkowskiはprotocolに語っています

WebARはWebベースのAugmented Realityの略で、モバイルアプリを必要としない比較的新しい技術です、ユーザーはネイティブカメラとモバイルwebブラウザを使って、スマートフォンから直接AR体験にアクセスできます

このシームレスなユーザー体験は、WebARの人気が急速に高まっている主な理由の1つです

GoogleのAndroid版Chromeは2018年にWebXRのベータサポートを開始しました、SamsungとOperaは2020年、それぞれのモバイルブラウザのサポートを追加しました、一方Appleは、iOSのSafariではまだWebXRをサポートしていません

スポンサーリンク


WebXRは、Webブラウザを使用して、HTC Vive、Oculus Rift、Google Cardboard、HoloLens、Magic Leap、Open Source Virtual Realityなどの拡張現実 (AR) および仮想現実 (VR) デバイスにアクセスするためのサポートを記述するWebアプリケーションプログラミングインターフェースです

Protocolによると、他のブラウザメーカーがiPhoneでWebXRを使用する方法はなく、Appleは、SafariのWebKitレンダリングエンジンを使用して、ブラウザのiOSバージョンを構築することを強いています

記事によると、Appleのコミットメントの欠如の結果、最近のARにおいてWebが果たす役割は相対的に小さくなっています

最近の調査では、WebベースのAR体験を利用したことがあると答えた回答者はわずか15%で、50%以上がスナップチャットやInstagramなどのアプリでARを利用していました

(Via AppleWorld.Today.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)