Studio Display Firmware 15.5 beta 2をリリース、Webカメラは少し改善される

Studio Display Firmware 15.5 beta 2をリリース、Webカメラは少し改善される

Appleは先週、「Studio Display」向けの新しいベータ版ファームウェアをリリースしました、同社はこれで、Webカメラの品質問題の一部に対処したことを認めました

本日macOS 12.4 beta 3がリリースされたのに伴い、AppleはStudio Display Firmware 15.5の第2ベータ版をデベロッパーに提供しました、これによりカメラが少し改善されたようです

Studio Displayが発売されて以来、消費者は内蔵フロントカメラの低品質に憤慨しています、実際のテストでは、Webカメラで撮影された画像は色あせており、特に暗い場所では非常にノイズが多いことが明らかになりました

Studio Display Firmware 15.5ベータ版で、Appleは画像をより良く見せるためにカメラチューニング、ノイズリダクション、コントラスト、フレーミングを改善しました

このような変化はテストでも確認されていますが、それほど劇的なものではありません、しかし、同社はまだStudio DisplayのWebカメラの画像を改善しようとしています

スポンサーリンク


開発者のJames Thomsom氏は、自身のStudio Displayにアップデートをインストールする前と後の比較を行いました

画像はまだ少し色あせていますが、最新のベータ版ファームウェアは確かに画像の鮮明さが増しているようです、デベロッパーによると、コントラストが強くなり、色も自然になったことにも注目しています

もちろん、ファームウェアのアップデートに大きな期待はできません、Studio DisplayのWebカメラ品質の悪さの主な原因は、超広角レンズと小さなセンサーの組み合わせにあります

とはいえ、少なくともAppleは、事態をそれほど悲惨なものには見えなくしようとしています

アップデートをインストールするには、ディスプレイがmacOSの最新ベータ版を搭載したMacに接続されている必要があります

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)