Appleの「MacBook Pro」サプライヤーが上海工場で生産再開

Appleの「MacBook Pro」サプライヤーが上海工場で生産再開

DigiTimesによると、AppleのサプライヤーであるQuantaは、上海のロックダウン緩和を受けて、中国工場でのMacBookの生産を徐々に再開しています

サプライチェーンの情報筋によると、製造施設での注文の前倒し処理も徐々に強まりつつあるといいます、これにより、MacBook Proモデルの供給が増加し、Appleの顧客がここ数週間経験してきた配送時間の延長が短縮されるはずです

3月と4月に注文した「MacBook Pro」モデルを待っていたユーザーの中には、Appleの供給問題のために出荷が大幅に遅れた人もいました

アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、ハイエンドのMacBook Proを供給しているのはQuantaのみです、中国のロックダウン以降、MacBook Proの配送時間は3~5週間延びています

MacBook Proの一部の構成は現在、6月下旬から7月上旬の出荷予定となっています

スポンサーリンク


MacBook Proは段階的に生産を再開していますが、供給問題が2022年第三四半期の販売に影響を与えると予想されています

Appleは先週、中国でのロックダウンによる混乱やシリコン不足により、強い消費者需要を満たすのに十分な製品を生産することが引き続き困難になるとし、最終的にAppleの6月の四半期売上高に影響すると述べました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)