iPhoneの5Gモデムが来年から独自仕様になると報道、なぜそれが重要なのか

iPhoneの5Gモデムが来年から独自仕様になると報道、なぜそれが重要なのか

既報の通り、Appleは2023年以降、Qualcommのセルラーモデムを使わない独自の5Gモデムを採用する計画です

Wall Street Journalの記事によると、Appleは来年のリリースを目指しているだけでなく、様々なヒントを与えているようです

Appleは秘密主義で知られていますが、半導体市場の変化が近づくと、同社でさえその動きを隠せなくなります

The Wall Street Journalは、最新のチップでAppleがどこに向かおうとしているのかを示す道標をいくつか報じています

  • 2019年、同社はインテルのスマートフォンモデム事業の大半 (従業員2,200人を含む) を買収した
  • Qualcommの本社があるサンディエゴでは、Appleがセルラーモデムチップの開発と統合に直接関係する約140のポジションを広告している
  • QualcommのCFOは2021年、Appleがモバイル機器で使用している5Gモデムのうち、2023年には20%を供給する予定だが、現在は100%近くを供給していると述べている

CCS Insightの調査担当シニアディレクターWayne Lam氏は、Appleはこれら3つの点を念頭に置いて、独自の5Gモデムを開発しているだけではなく、競合他社に対する優位性をさらに高めるという点でも重要になると説明していいます

スポンサーリンク

Wayne Lam氏は「一つ目はコストだと、Appleが獲得できるもうひとつの大きな強みは、自社製モデムをスマートフォンに搭載しているAシリーズと同じチップに統合することで、自社製チップとQualcommの現在の組み合わせで可能な速度、効率、能力を上回るよう調整できること」だと言います

5Gモデムの開発はAppleには有望で、Mac向けのMチップは成功しているように見えるが、あるアナリストは、Appleは新しいワイヤレスモデムの設計、製造、そしてテストに時間がかかるため、苦労するかもしれないと述べています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)