iPhone OLEDの供給問題は少なくとも5月まで続く

iPhone OLEDの供給問題は少なくとも5月まで続く

AppleのサプライヤーBOEは、半導体不足が原因で供給問題が5月まで続くと予想しています

TheElecが入手した情報によると、BOEはiPhone用有機ELパネルの生産で、チップ不足が続いているため問題に直面し続ける見通しです

報告書によると、BOEは2月以降、ディスプレー用ドライバーICの不足で問題に直面していますが、パネルの歩留まりにも苦労しています

問題は少なくとも5月まで続くと言い、BOEは今年iPhone 13とiPhone 12を含むAppleの最高のiPhoneに約3,000万の有機ELパネルを供給することを望んでいたが、全体目標の4,000万台には届きそうにありません

Appleは、主に中国からの供給に影響を及ぼしているCOVIDのロックダウンにより、供給問題が深刻化しています

スポンサーリンク


新しい分析によると、Appleの上位200社のサプライヤーの半数が上海の近くに施設を持っており、COVIDの封鎖により混乱が生じる可能性があります

Nikkei Asiaの分析によると、Appleのトップサプライヤー200社の半数が上海とその周辺に施設を持っており、COVID関連の封鎖と交通規制が幅広い事業活動を混乱させています

昆山と上海の一部の工場で生産が停滞し、新しいMacBook Pro(2021)とiPhoneSEの生産に影響を与えています

(Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)