Apple、macOS Serverを廃止

Apple、macOS Serverを廃止

何年も前に事実上macOS Serverを廃止した後、Appleは公式にMacユーザー向けの20ドルのサーバ機能を正式に廃止しました

同社は本日、サポート文書「About macOS Server 5.7.1 and later」でmacOS Serverファンにとって悪い知らせを発表しました

2022年4月21日をもって、AppleはmacOS Serverの提供を終了しました、既存のmacOS Serverのユーザーは、引き続きmacOS Montereyで引き続きアプリをダウンロードして使用することができます

多くの人にとって、より大きな驚きはmacOS Serverがなくなることではなく、スタンドアロンアプリがまだ販売されていたことです

Appleがサポートページで説明しているように、macOSの最近のバージョンには、サーバーにヒントを得た複数の機能が組み込まれています

スポンサーリンク


最も一般的なサーバ機能であるCaching Server、File Sharing Server、Time Machine Serverは、macOS High Sierra以降のすべてのインストールにバンドルされているため、より多くのユーザーが追加料金なしでこれらの重要なサービスにアクセスできます

「macOS Server」は、App Storeでのレビューで1.5点の平均評価を獲得しており、過去数年にわたって年に一度か二度、最低限の互換性アップデートしか行われていませんでした

現在のアプリは今後のバージョンのmacOSでは動作しなくなりますが、Appleによると、既存のユーザーはmacOS Montereyで引き続きmacOS Serverを利用できると述べています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)