Apple、「業界にやさしいデータプライバシー法」に移行しつつあるとしてプライバシー擁護団体を脱退

Apple、「業界にやさしいデータプライバシー法」に移行しつつあるとしてプライバシー擁護団体を脱退

Appleが、プライバシー擁護団体から脱退すると発表しました

その団体は今、より“業界にやさしいデータプライバシー法”に移行しつつあります、このニュースはPoliticoが最初に報じ、Appleはスポークスパーソンを通じて決定を確認しました

この変更は、AppleのCEOであるTim Cook氏が来週開催されるグローバルプライバシーサミットでヘッドライナーを務めることを前に行われたものです

この業界団体は 「State Privacy and Security Coalition」 と呼ばれ、秘密主義で知られています、この業界団体は法律事務所DLA Piperが運営しており、消費者よりも業界関係者を優遇するプライバシー法を推進しているとして批判されています

AppleがSPSCを去る決断を下したのも、そうした懸念によるものだと報じられています

スポンサーリンク


Politicoからのレポートは次のように説明しています

大手法律事務所DLA Piperが運営しているこの秘密主義の業界団体を去るというAppleの決断は、プライバシーに配慮したテクノロジー企業としての立場を強める中でなされました、今回の分裂に詳しい情報筋によると、SPSCが推進している規制ではユーザーデータを適切に保護できないことが懸念されるために脱退するとのことです

同団体の代表で法律顧問のAndrew Kingman氏は、Appleの同団体離脱決定について尋ねられた際、同団体は「メンバーシップの変更についてはコメントしない」と答えました、それでもKingman氏は、SPSCは「消費者を一貫して保護する連邦プライバシー法を支持する」と付け加えました

SPSCは全米で法案を推進しており、ユーザーのプライバシーを保護すると主張しながらも、実際にはAppleよりもはるかに業界寄りな内容となっています

スポンサーリンク


たとえばユタ州では、SPSCが支援する法案が通過しましたが、金融機関に対して寛大な免除を与えていることや、プライバシー侵害を修正するために「州が法的措置をとる前に」 1カ月を企業に与えるという寛大なポリシーについて批判をうけました

Appleの脱退の決定は、Tim Cook氏が来週のグローバルプライバシーサミットで演説するのを前にしておこなわれました

AppleのCEOである彼はサミットの冒頭で基調講演を行い、プライバシーは「基本的人権」であるというAppleの信念を再び表明するものとみられています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)