「iOS 15.4」でバッテリー消費が深刻化と複数のiPhoneユーザーが指摘

「iOS 15.4」でバッテリー消費が深刻化と複数のiPhoneユーザーが指摘

今週、AppleはiOS 15.4を公開しました、対応デバイスのユーザーは、今すぐ新しいソフトウェア・アップデートをダウンロードすることができます

このアップデートには、マスクをしたままiPhoneをFace IDでロック解除できるようになるなど、素晴らしい新機能が満載です、しかし、どんな新しいソフトウェアでもそうですが、一部のユーザーはアップデート後に問題に遭遇しています

iOS 15.4が公開されて以来、iPhoneの所有者はTwitterでバッテリーの消耗について苦情を訴えています

iOS 15.4はバッテリードレインの問題を引き起こす

AppleがiOSのアップデートをリリースするたびに、iPhoneユーザーはバッテリーの寿命について不満を持ち始めます、iOS 15.4も例外ではないようで、Twitterには深刻なバッテリー消耗に関する報告があふれています





スポンサーリンク


ZDNetのAdrian Kingsley-Hughesは、バッテリーの消耗が発生した理由を次のように説明しています

iPhoneに新しいOSをインストールすると、インデックス作成からバッテリーの再調整に至るまで、バックグラウンドでさまざまな作業が発生します。これは電力を消費するだけでなく、バッテリの再調整によって、実際にはそうでないのに、バッテリの消耗が速いという印象を与える可能性があります。これに加えて、新しいリリースの後に多くのアプリがアップデートされることと、古い端末の消費を増やすかもしれない多くの新機能が組み合わされることの2つの要素がある

基本的には、パニックに陥る前にiPhoneの再調整を数日待ってみます、バッテリの寿命はすぐに正常に戻る可能性があります、もちろん、iPhoneの使用年数によっては、バッテリーの劣化が始まっている可能性もあります

バッテリーの状態は、[設定]>[バッテリー]>[バッテリーの状態]で確認することができます

(Via BGR.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)