Apple,AirTagおよびFind My Networkの悪用抑止に向けた取り組みに関する声明を発表

Apple,AirTagおよびFind My Networkの悪用抑止に向けた取り組みに関する声明を発表

Appleは、AirTagを使用した不要な追跡を防止するための取り組みについて、声明を発表しました

同社の声明では、AirTagsを悪用した人物を逮捕するための法執行機関との協力の概要と、AirTagsおよびFind Myネットワークの改善のために取っている措置について、以下のように詳述しています

  • AirTags設定時の新しいプライバシー警告
  • AirPodsがネットワークを探すアラートを発生させた場合の明確化
  • AirTagとFind My networkのサポートドキュメントの拡充
  • iPhone 11以降に搭載された、近くにあるAirTagを簡単に見つけることができる新機能「Precision Finding(プレシジョンファインディング)」
  • AirTagが手元にあることを音声で知らせるデバイス上のアラート機能
  • 不要な追跡をユーザーに警告するタイミングを決定するロジックの改良
  • AirTagが一緒に移動する際に再生される音の調整

AppleがAirTagの悪用に対処するためのステップを公開したことは、良いことです

スポンサーリンク


これは、ストーカー行為に関する懸念に対処するためにAppleが行っていることについて透明性を高めることで、事例報告だけでなく、それで十分かどうかをオブザーバーが判断するのに役立つトピックでもあります

今日の声明は、私達がAppleに期待していた透明性の向上です

Appleは「今年後半」とだけで、これらの変更がいつ行われるのかについて具体的な情報を提供していません

警告音を調整するには、おそらくAirTagファームウェアのアップデートが必要になると思われますが、その他の改善点のほとんどは、将来のiOSリリースに組み込まれるはずです

アラートと通知は、それが未知のAirTagを検出したときにiPhoneによって生成されます、これらはAirTagのファームウェアに依存しないので、誰かがAirTagをハッキングしてこれらのアラートを無効にする方法はありません

(Via MacStories.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)