AppleのHomePodは数年遅れのスタートにもかかわらず、スマートスピーカーとして意外な強さを発揮

AppleのHomePodは数年遅れのスタートにもかかわらず、スマートスピーカーとして意外な強さを発揮

Appleが2020年10月に発表したHomePod miniスマートスピーカは、初代HomePod (製造中止以降) から約2年後に登場したもので、印象的なサウンドの実現を目指しており、表向きは (非常に限られた範囲の) 処理を実行するためにSiriを搭載し、シンプルで複雑さのない快適さと利便性を重視したスマートホーム体験を提供することを意図しています

わずか3.3インチの高さのHomePod miniには、革新的なテクノロジーと高度なソフトウェアが詰め込まれており、これらが一体となって、どこに置いても画期的な音質を実現するコンピューテーショナル・オーディオを実現しています

Statistaの最新の調査によると、Appleは2021年第3四半期時点で世界のスマートスピーカー市場(出荷台数)の10.2%のシェアを占めています(市場リーダーであるAmazonは26.4%)

スマートスピーカーの世界市場シェア

HomePod Q32021

スポンサーリンク


Fast Company

4年前、AppleがHomePodで音楽に鋭くフォーカスしてスマートスピーカー事業に参入したとき、AmazonやGoogleに何マイルも遅れをとっているように見ました。これらの企業は何年もかけてAlexaやGoogle Assistantスピーカーに新機能を追加し、スマートホームデバイスの統合に長い間先手を打っていいました
さらに、サードパーティのボイススキルを開発するデベロッパーを募り、ユーザーが指一本動かすことなくドミノ・ピザを注文したり、Uberを呼んだりできるようにしたのです。私は、彼らがポスト電話のエコシステムを構築しており、Appleは遅れているという考えを信じていました

しかし、時間が経つにつれ、その無秩序な機能の数々が負債になり始めています。これらのことから、Appleはその遅いスタートにもかかわらず、驚くほど強い立場にあると言えます。同社の市場シェアはAmazonやGoogleに比べてはるかに低いが、HomePodによる狭義の野望は、人々が実際にスマートスピーカーを使う方法とより合致しています

Bloomberg Businessweek

2015年以降、Amazon.com Inc.は毎年ホリデーシーズンになると、同社の音声操作型スマートスピーカー「Alexa」を大量に販売することを当てにしてきた。ほぼ同じ期間、このデバイスが1月に入っても顧客の関心を維持するのに苦労していることは知られています

Bloomberg Businessweekが閲覧した内部計画文書には、ユーザーの維持と関与に関する懸念が何度も出てきます
2018年から2021年までを網羅したこの文書には、デバイスが異なる声を認識したり、各インタラクション中にユーザーがどの部屋にいるのかを判断したりできるように、カメラやセンサーをさらに追加する計画など、AmazonがAlexaに抱き続ける野望が詳細に記されています

Amazonは、主な障壁の1つはプライバシーに関する懸念であると見ています…もう1つのハードルは、さらに基本的な課題です。それは、人々がAlexaをそれほど便利だとは思っていないことです。
長年、Alexaのユーザーのほとんどは、音楽を再生したり、料理中にタイマーをセットしたり、電気をつけたりするためだけに、音声で動くデバイスを使ってきました

(Via MacDailyNews.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)