macOS 12.3、Macに超広帯域(UWB)技術を搭載か

macOS 12.3、Macに超広帯域(UWB)技術を搭載か

Appleは今週、macOS Monterey 12.3の最初のベータ版をリリースしましたが、それにはユニバーサルコントロール機能やSafariのパスワードマネージャのセキュアなメモなどの新機能が含まれています

しかし、このアップデートはAppleのデスクトップOSに新技術を導入する準備をさせるものでもあり、内部のシステムファイルはMacにウルトラワイドバンド(UWB)がやってくることを示唆しています

macOS 12の最新ベータ版には、超広帯域技術をサポートするために必要なフレームワークとデーモン (バックグラウンドで動作するシステムの一部) が含まれています

これらは、U1チップを搭載したiOSデバイスでUWBをサポートするために既に使用されているツールと同じものです

馴染みのない方のために説明すると、超広帯域技術は、空間認識に使用される短距離無線通信プロトコルで、これにより、同じ部屋にある2つ以上のUWBデバイスは、互いを正確に配置することができます

スポンサーリンク


Appleは2019年のiPhone 11で初めてUWB技術を自社デバイスに導入し、その後、Apple Watch、HomePod mini、AirTagsに拡大しました

Appleのエコシステムでは、AirDropの高速化、iPhoneをポケットから取り出す必要もないCarKey認証、AirPlayの高速転送、Find My networkで使用される正確な位置情報の取得が可能になりました

AppleがU1チップを自社のコンピュータに搭載することを決めた場合、これらの利点はMacにも拡大される可能性があります

しかし、最新のiPadモデルでさえ超広帯域技術を搭載していないことを考えると、Appleがより多くのデバイスでUWB技術を実験しているということだけは確かです

U1チップを搭載したMacとiPadがいつ登場するのかはまだ不明です

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)