Apple HomeKitがサポートするThreadは、今年スマートホーム市場に革命を起こす可能性がある

Apple HomeKitがサポートするThreadは、今年スマートホーム市場に革命を起こす可能性がある

今週のCES 2022で発表された何十ものスマートホームの新製品には、新しい無線規格Threadのサポートという共通点があるようです

このように広くサポートが登場したことで、2022年は新しい規格がついに主流となる年になりそうです

Belkin は、HomeKit 専用に設計された新しい Wemo スマートビデオドアベルを発表し、Smart Plug、Smart Light Switch、Smart Dimmer などの最も人気のあるアクセサリで Thread と新しい Matter クロスプラットフォーム ホームオートメーション標準をサポートすることを発表しました

Threadが重要な理由

これまでHomeKitデバイスは、イーサネット、Wi-Fi、Bluetoothでの操作に限定されていました、しかし、これらにはいくつかの重大な制限があり、それを克服するためにThreadが設計されています

Wi-Fiデバイスはかなりの電力を必要とするため、ドアロックやセンサーなど、バッテリーで動作させる必要があるものには実用的ではありません

照明スイッチやガレージドアオープナーなど、外部電源を必要とする機器では大きな問題にはなりませんが、多くの機器を使用すると、家庭用Wi-Fiネットワークが混雑し、ゲームやストリーミングなどのより重要な用途に使用できる帯域が奪われてしまう可能性があります

スポンサーリンク


Bluetoothはこの2つの問題を解決してくれますが、それ自体にもいくつかの問題があります、ひとつは、比較的短い通信距離のため、大きな家では使いにくいことです

また、遅延が発生するため、シームレスなホームオートメーションの体験が損なわれます、Bluetooth HomeKitデバイスを操作する際、特に照明では顕著な遅延が発生します

すべてのスマートホームデバイスをイーサネットで配線するのは明らかに非現実的ですが、こうした制限があるため、一部のスマートホームアクセサリーは、他のワイヤレスプロトコルを駆動するブリッジを使用することにしています

Philips Hueは、電球と他のデバイスをZigBeeで接続する有線ブリッジを使用し、Lutronの Casétaシステムは、独自のClearConnect RFプロトコルで動作しています

しかし、Threadは、Bluetoothの電力レベルで動作し、低遅延とWi-Fiの範囲の拡大を実現するオープンスタンダードをもたらすことによって、これらの問題のすべてを解決することを約束します

Threadを搭載したApple製品

この点でも、実はAppleは先行しています

HomeKitは、Threadをネイティブにサポートする最も早いスマートホームシステムの1つで、Appleは2020年後半にHomePod miniにThreadサポートを追加し、それをサポートする主流のスマートホームデバイスが登場する前から昨年の春には新しいApple TV 4Kに導入しました

2021年のApple TV 4KとHomePod miniの両方がすでにThreadボーダールーターとして機能することができ、Nanoleafもまもなくこの部分に加わる予定です

これらのデバイスは、すべてのThreadデバイスをWi-Fiネットワークに接続するためのゲートウェイとして機能します

つまり、ある意味、ThreadはまだHomeKitネットワークの残りの部分と統一するための一種の「ハブ」を必要としますが、複数のデバイスがこのタスクを実行でき、Threadデバイスはまだ従来のハブのようにボーダールーターに直接接続する必要はないのです

スポンサーリンク

Threadの問題点

残念ながら、Threadが素晴らしいだけに、すでに大規模なHomeKitシステムを構築している人には悪い知らせもあります

Threadは特定のハードウェアを必要とするため、まだ対応していないデバイスにはファームウェアのアップグレードとして提供されないのです

Nanoleafが照明パネルをThread Border Routerにしているように、すでにThreadハードウェアを持っているデバイスに機能を追加することは可能ですが、まだ持っていないアクセサリーにThreadを追加することはできません

しかし、その分、デバイスをいちいち買い換える必要がありません

また、Threadはセキュリティカメラなどの高帯域幅デバイスには適していないため、Wi-Fiまたは有線イーサネット接続に固執する必要があることにも注意しておかなければなりません

(Via iDropNews.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)