アプリケーションをMac App Storeで公開することへの開発者の関心は薄れつつある

アプリケーションをMac App Storeで公開することへの開発者の関心は薄れつつある

Mac App Storeは、2010年から存在しています、iOS App Storeは大きな成功を収めていますが、新たな調査によると、開発者はMac App Storeで新しいアプリをリリースすることにあまり関心を持たなくなっていると報告しています

アプリ分析会社AppFiguresが明らかにしたように、Mac App Storeに登録された新しいアプリの数は、今年に入ってから着実に減少しています

2021年1月、400以上の新しいmacOSアプリがMac App Storeでリリースされました、6月には、その数は初めて300本以下に減少しました

そして8月の予測では、Mac App Storeで200本の新しいアプリがリリースされまっした、これまでと比較すると、開発者がMac App Store経由でMacアプリを配布することに興味を持っていないことは明らかだなってきています
Mac App Store release 001
2020年には、開発者は毎月平均して392本の新しいアプリをMac App Storeにリリースしていました、しかし、2021年の時点では、新しいMacアプリの平均数は343本に減少し、最小月では200本台前半にまで落ち込んでいます

スポンサーリンク


Appleは自社のサービスが不調なときに何が起こっているのかを明らかにしないので、この数字が減少している主な理由は不明だが、いくつか想定できることがあrimasu

AppFiguresの調査でも指摘されているように、Mac App Storeは、開発者のウェブサイトから直接アプリをダウンロードすればよいため、一部のユーザーにとっては「目的地になっていない」のです

Appleは、開発者がM1 Mac用のMac App StoreでiOSアプリケーションを公開することも期待していましたが、macOSで公開されたのはごく一部のアプリケーションに限られています

Mac App Storeにはトライアルや割引バンドルを簡単に提供する方法がなく、AppleがApp Storeでのすべての販売から30%の手数料を取り、アプリのレビューを長い間待っているという事実に加えて、過去に一部の開発者から不満の声が上がっていました、ほとんどの場合、他の方法でMacアプリケーションを配布する方が簡単です

(Via 9to5Mac.)

私は、App Storeで購入するか、開発者のストアに直接アクセスするかの選択を迫られた場合、ほぼ常に後者を選びます、確かにMac App Storeは便利ですがアプリの機能に制限が加えられていたり、開発者のサイトから直接購入するとアップデート時の割引があったりとメリットがあります

と言うことは、開発者にとってもMac App Storeで公開するメリットがあまりないのではないでしょうか?











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)