iPhone 13には、マスクや曇った眼鏡にも対応したアップグレード版のFace IDが搭載される可能性も

iPhone 13には、マスクや曇った眼鏡にも対応したアップグレード版のFace IDが搭載される可能性も

リーカーのJon Prosser氏によると、Appleは現在、マスクや曇った眼鏡をかけたままiPhoneのロックを解除できるような新しいFace IDハードウェアをテストしていると述べています

Prosser氏は自身のウェブサイトFrontPageTech.comで、Appleがより高度なFace IDハードウェアを、 「iPhone 12」 にぴったりフィットするケースを使ってテストしていると説明しています

Prosser氏は、プロトタイプのFace IDアレイが、今年初めにiPhone 13のCADファイルで描かれたレイアウトと完全に一致すると考えています、と言うのも、このケースに搭載されたFace IDのプロトタイプは、iPhone 12のそれよりもかなり幅が狭く、iPhone 13モデルで予想されるスリムなノッチと一致するからです

外付けのFace IDハードウェアが必要になったのは、可能な限り多くのデータを収集するために行われていた大規模なテストのためだったようで、これにより、Appleは未発表のiPhoneを配布することなく、多くの従業員に新しいハードウェアを提供することができたと言われています

スポンサーリンク


参加した従業員は、新しいハードウェアをテストするために、さまざまな条件でマスクと眼鏡を組み合わせて着用するよう求められました

従業員は単にテストを実施するよう求められただけで、Face IDセンサアレイにどのような具体的な変更が加えられたかは知らされいませんでした

報道によると、この新しいハードウェアにより、iPhoneはマスクを着用し曇った眼鏡をかけたまま、Apple Watchの助けを借りずに、Face IDを使ってロック解除を可能にすると言われています

Prosser氏は、このケースのFace IDハードウェアが、次期iPhone 13に搭載されると予想される小型のノッチに酷似していることを強調していますが、この改良型Face IDがiPhone 13に搭載されるのか、それとも将来のiPhoneモデルに搭載されるのかは明らかになっていません

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)