Appleの内部文書、サイドローディングやエコシステムのロックイン戦略などを認める計画を明らかに

Appleの内部文書、サイドローディングやエコシステムのロックイン戦略などを認める計画を明らかに

Appleはアプリのサイドローディングを許可しないことを明確にしてきました、今回、Apple対Epicの訴訟の一環として、新たな内部文書が浮上しました

最も興味深いのは、アプリのサイドローディングを許可するというAppleの計画が、ギフトカードを使ってユーザーをエコシステムにロックインさせることや、App Storeの審査プロセスの問題に対処するための措置であることが明らかになったことです

内部文書のほとんどは、iPhoneでのアプリケーションのサイドロードの許可に関するものです

Appleは、iPhoneユーザーがApp Store以外でアプリをサイドロードできるようにする可能性を探っているようです

その議論は、2008年にまでさかのぼります、実際、通信ソフトウェアのチーフの一人であるScott Forstall氏は、iOS上でアプリをサイドロードする際に、ユーザーにどのようなテキストを表示すべきかについて、Steve Jobs氏に質問しています

Jobs氏は、このアイデアに同意しただけでなく、次のような「開発者’Sega’からアプリケーション’Monkey Ball’を開きますか?」と言う通知も承認しました

スポンサーリンク

Appleのエコシステムへの顧客の囲い込み

さらにJobs氏は2010年、企業戦略に関するプレゼンテーションで、「すべての製品を1つにまとめることで、顧客をエコシステムにさらに囲い込む」ことを目指すべきだと述べていました

数年後の2013年、Appleのソフトウェアおよびサービス担当シニアバイスプレジデントを務めるEddy Cue氏は、iTunesギフトカードを新しいAppleデバイスにバンドルする動きを称賛しました

同氏は、顧客をAppleのエコシステムに囲い込むためにiTunesカードを販売するよりも良いと考えました、Cue氏は、Apple Retail TeamがiTunes Storeギフトカードの販売に注力していないことに不快感を示しました

PhilSchillerがAppStoreのレビューの失敗を強調

最近、App Storeで詐欺アプリの問題がいくつか報告されています、その問題は新しいものではないようです

スポンサーリンク


実際、2012年には、Appleのマーケティング責任者であるPhil Schiller氏が、Appleの幹部に対し、App Storeのレビュープロセスの不備を指摘していました

Schiller氏はAppleが「年間10億ドルのランレートを維持する」ために、App Storeの手数料を25%あるいは20%に引き下げることを提案しました

この文書の全文を読むことで、より詳細な内部コミュニケーションを知ることができます

(Source The Verge , Via iPhone Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)