Apple、iPad筐体をアルミニウムではなくチタンを採用する可能性がある?

Apple、iPad筐体をアルミニウムではなくチタンを採用する可能性がある?

Appleは、チタン製筐体を採用したiPadを発表する可能性があります、これは、タブレット製品を将来的に変更することで、より軽く、日常的な使用に耐えられるようにするものです

Appleは、2021年末までに発売することができる最新のiPadを開発していると考えられていますが、Appleはすでに次世代以降を見据えていると言われています

DigiTimesの報道によると、2021年のiPadは、PVD加工されたアルミニウム合金製のシャーシを採用するとのことです

今年の秋に発表される第9世代モデルには大きなデザインの変更はありませんが、レポートの情報筋によると、2021年のiPadの出荷台数を約6,000万台に増やすことに貢献すると述べています

スポンサーリンク


同じ情報筋がDigiTimesに語ったところによると、アルミニウム合金はiPadの将来のバージョンで交換される可能性があると言い、同社はこのデバイスにチタンベースの金属シャーシを導入することを検討しているとのことです

そうすることで、構造的な整合性を維持しつつ、より薄く軽量な設計を可能にするなど、製品ラインに多くの利点がもたらされますが、Appleはその道を進んでいません

製造コストが高いため、現在の価格ではiPadシリーズにとって不経済なアイデアになっていると考えられます

iPadの報道は、Appleが「iPhone14」の「Pro」モデルでチタン合金製の筐体または内部フレームを使用する予定だと言う7月のアナリストの主張を受けたものと思われます

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)