iPhone 13 mini、AppleのサプライヤーPegatronが組み立て

iPhone 13 mini、AppleのサプライヤーPegatronが組み立て

DigiTimesの最新記事によると、AppleのサプライヤーPegatronは引き続き小型iPhoneの主要な組み立てメーカーであり、今年発売予定のiPhone 13 miniの注文をすでに受けていると報じています

信頼できる情報筋によると、今年のiPhone 13は、販売不振のため、Appleがフラグシップラインで提供する最後の5.4インチモデルになると予想されています、Appleは、iPhone 14の後に5.4インチminiを導入する計画はなく、miniラインはiPhone 13を最後に終了するとのことです

アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、2022年のAppleはその代わりに6.1インチのiPhoneと6.7インチのiPhoneを2台ずつ提供することになり、標準のiPhone 14とiPhone 14 Proの両方がこの2つのサイズで提供されることになるとのことです

スポンサーリンク


Pegatronは、Foxconnに次ぐAppleの第2位のiPhone組立メーカーであり、2月にはインドのチェンナイに工場を建設するための土地権利を購入するために1,420万ドルを費やしました

この支出は、2020年末に同社の取締役会で承認された、同国に初のiPhone製造工場を建設するために1億5,000万ドルを費やすという提案を受けたものです

Pegatronは、大手iPhoneサプライヤーが学生の労働者プログラムで労働違反を犯していたことが発覚し、Appleが2020年11月にPegatronとの提携を停止しました

Appleは違反行為の結果としてPegatronを執行猶予とし、サプライヤーの現在のiPhone事業には影響がないと予想されていませんでしたが、当初は他のAppleサプライヤーであるLuxshareにiPhone12の受注を一部奪われると予想されていました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)