iPhone 13、より高速な5Gでの量産開始

iPhone 13、より高速な5Gでの量産開始

台湾の新聞Digitimesが業界筋の話として報じたところによると、Appleのサプライヤーが「iPhone 13」の量産を開始しています、Appleが9月中旬に新型スマートフォンを発売するとすれば、この時期になってのこのニュースは驚きではありません

しかし、Digitimesからの報告は、次のAppleデバイスについてのさらなる噂を確認しています、新世代では、メーカーは主に26GHz周波数範囲のより高速な5G標準に依存することになります

これは、Cyntec社など特定のコイルのサプライヤーが、主に2021年の第2四半期に堅調な成長Salesを期待しているためです

mmWaveチップを搭載したスマートフォンでは、より多くのコイルが必要となります、これは、Appleが新モデルでより高速な5G技術にますます依存するようになることを示しています

iPhone 12については、Appleは米国でmmWaveチップを搭載したスマートフォンを販売しています


早くも4月には、AppleのアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、AppleはmmWaveモジュールの使用を拡大し、アップグレードされたiPhone 13をカナダ、欧州の一部の国、および日本で販売する予定だと主張しました

そのようなスマートフォンの割合は35〜55ないし60%に増加するとのことです

Digitimesも、最新のニュースで「mmWaveのiPhoneは、今年のすべての5 G iPhoneの50%を超えるだろう」との同様の分布を示しています

(Via macwelt.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)