Apple、インドのオンラインストアで2021年Q1の出荷台数を大幅に伸ばす

Apple、インドのオンラインストアで2021年Q1の出荷台数を大幅に伸ばす

Canalysによると、Appleは2021年第1四半期にインドでの出荷台数が「大幅に増加」したとのことで、昨年末にインドで開設したオンラインストアが同社に利益をもたらしていることを示唆しています

2020年9月に開設されたAppleのインドのオンラインストアでは、Appleスペシャリストによるショッピングサポート、学生向けのEDU価格、ノーコンタクトでの無料配送、ファイナンスオプション、iPhone販売のための下取りプログラムなど、Apple製品とアクセサリのフルラインナップを提供しています

ストアへのトラフィックがその後の購入につながったことが主な要因となり、Appleは第1四半期に、デスクトップ、ノートブック、タブレット、ワークステーションを合わせた出荷台数が20万8,000台に達し、インドで第5位のコンピュータブランドとなりました

スポンサーリンク


また、調査会社IDCの発表によると、インドにおけるAppleのコンピュータ出荷台数(タブレットを除く)は、第1四半期に前年同期比335.5%増となり、Asustekに約2,000台の差で遅れをとったにすぎません

IDCによる当四半期のインドにおけるコンピュータブランドのランキングでは、AppleとAsustekは同率5位でした

AppleのTim Cook CEOは、1月の決算説明会で、インドのオンラインストアはオープン以来「多大な」反響を得ており、12月の四半期には同国におけるアップルのスマートフォンのシェアが2倍の4%になったと述べました

Cook氏は、この成功を受けて、Appleは同国での実店舗の開設計画を前倒しで進めていると述べました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)