iPhone 13のチップメーカーは第3四半期に供給を拡大する見通し

iPhone 13のチップメーカーは第3四半期に供給を拡大する見通し

DigiTimesによると、Appleは、2021年第3四半期に予定されているiPhone 13向けプロセッサの純製造ファウンドリTSMCからの供給優先権を獲得する予定です

Genesys LogicやParade Technologiesなど、Appleのサプライチェーンに属する他のチップサプライヤーも、第2四半期より30~40%高いとされる第3四半期のAppleの注文を満たすために、供給を拡大しています

DigiTimesによると、iPhone 13シリーズは今年中に発売されると予想されており、メーカー各社は、Appleからの受注が2021年第4四半期にピークを迎えるとのことです

9月に発売されるiPhone 13モデルは、2020年のiPhoneシリーズと似た外観になると予想されており、サイズは5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの4機種があり、そのうち2機種はハイエンド「Pro」モデル、2機種は低価格、高機能モデルとして位置付けられています

デザインの大幅な変更は予想されていませんが、噂によると、カメラの改良、より高速なAシリーズプロセッサ、Qualcommの新しい5Gチップ、バッテリ持続時間の延長、ノッチの微調整などが示唆されています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)