iOS 15とmacOS Montereyが「Spatialize Stereo」オプションで非ドルビーコンテンツの空間オーディオをシミュレート

iOS 15とmacOS Montereyが「Spatialize Stereo」オプションで非ドルビーコンテンツの空間オーディオをシミュレート

Appleは空間オーディオのサポートを拡大し、FaceTimeでもApple TVでも動作するようになりましたが、それだけではありません

新しい「Spatialize Stereo」オプションのおかげで、iOSはDolby以外のコンテンツでも空間オーディオをシミュレートできるようになり、AirPodsで頭の動きを検知して音の方向を変えることができるようになりました

空間オーディオは、AirPods Pro、AirPods Maxユーザーに、より没入感のあるサウンドを提供するための機能として、昨年のiOS 14で発表されました

これは、ドルビー技術で収録された音を使って、360度のオーディオをサラウンド体験でシミュレートするもので、ユーザーが頭を動かすとヘッドフォンの中で音が動きます

「Apple TV+」や「Disney+」などのアプリで提供されている一部の映画やテレビ番組は、ドルビーアトモスで提供されているコンテンツがあるため、すでに「空間オーディオ」に対応していましたが、通常の動画では同じような没入感を得ることはできませんでした

スポンサーリンク


この新しい「Spatialize Stereo」オプションを使えば、AirPods ProやAirPods Maxを使って、ほとんどの曲やビデオをSpatial Audioで聴くことができます

もちろん、Dolbyコンテンツのような立体的なサウンドを体験することはできませんが、AirPodsを使って頭を動かすと、さまざまな方向から聞こえてくる音声をうまくシミュレートすることができます

iOS 15およびiPadOS 15で「Spatialize Stereo」を有効にするには、AirPods ProまたはAirPods Maxを接続し、任意のコンテンツの再生を開始するだけです

その後、コントロールセンターに移動し、音量スライダを長押しすると、そこに新しいオプションが表示されます。注目すべきは、この機能がmacOS Montereyでも機能することです

フォトライブラリのビデオや、Spotifyの曲でも「Spatialize Stereo」を試すことができます

唯一の欠点は、YouTubeのような独自のプレーヤーを持つアプリでは動作しないようですが、Web版では動作します

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)